何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

タグ: Google

 TwitterやFacebookで共有されたリンクが検索順位に直接影響する――グーグルとBingが明言という記事がWeb担当者Forumというサイトにありました。

 Twitterでつぶやかれた回数とかが検索結果の上にでるか下にでるかに反映する仕組みがあるのですね。企業側とすれば、自分のサイトにつぶやいて欲しいことなりますね。

 フォロアーの数とかいろんなファクターがあるとのこと。

 別の記事でみたのですが、企業としてはこれからTwitterよりもFacebookに注目していくというという会社が多いと書いているものもありました。

 Facebookもはじめようと思っているのですが、なかなか・・・。

5
Googleの正体 (マイコミ新書)Googleの正体 (マイコミ新書)
著者:牧野 武文
毎日コミュニケーションズ(2010-01-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 検索エンジンGoogleについて書かれた本で、Googleは天使か悪魔かみたいなことを書いています。
 Googleは検索エンジンのほかにもGmailやappsや動画サイトをしてますし、携帯のアンドロイドやOSのクロムなど基本的には無償で提供しています。しかし、この裏にはパソコンやネットを普及させて、Googleの連動広告をクリックさせようという経営があります。
 しかし、一方でGoogleは露骨な広告はしません。さりげなく、三行広告を出す程度です。
 Googleはアカウントの検索履歴を蓄積していますし、Gmailも管理しています。単なる検索キーワード連結型の広告から、これらの蓄積したデータ(文脈)による広告も出てきます。
 Googleは、今のままでいけば、膨大なプライバシーを蓄積しつつも、健全な企業であり続けると。しかし、悪用をすればダークサイドに。
 今後の展開に注視したほうがいいと感じました。

 2010年12月31日mixiレビューに投稿したものです。

このページのトップヘ