何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

タグ: 詩

等身大の鏡があるといい

人は自分の愚かさに気がつくだろう

等身大の鏡があるといい

人は自分の傲慢さに気がつくだろう

等身大の鏡があるといい

人は自分が偽善者だと気がつくだろう

等身大の鏡があるといい

自分の正義が 社会の正義ではないことに気がつくだろ

人は他人を見ることができるが、自分を見ることは鏡でしかできない

しかし その鏡もまた自分の一部であり ゆがんでいる

等身大の鏡があったなら 人は自分の過ちに気がつき

他人と自分を真の平等にあつかえるのかもしれない

Can not Believe

政府の偉い人が言う ただにち健康に影響はないと
ある学者が言う    この程度の数字なら問題ないと
ある企業の人が言う もともと自然界に存在しているレベルと

一方で

ある経営者が言った もっと逃げないと
ある学者が言った  正確な数値が公表されていないと
ある記者がいった  大本営発表と御用学者

ネットの画面には いろいろな文字がながれる
どちからと言えば 危険だと
また、自然エネルギーと 反原子力のプロパガンダがはじまった
そしていつものように テレビで放送されないノーカットの映像が流れる

毎日出てくるバッドニュース
毎日出てくる放射性物質 テルル

いつになったら 安心できる知らせがあるのか

誰を信じて 何を信じればいいのか
自分で判断しろと言っているのか

もう、誰も信じられない 

invisible enemy(見えない敵)

奴はとても 強暴だといいう
奴はとても たちが悪いという

ある人が言った ついに奴がやってきたと
すごい数で 街を襲ってきたと

奴はいつも そばにいる
奴はとても 役に立つという

ある人がいった どうも奴がやってきたと
すごい数だけども いつもとそんなに変わらないと

弁士の言葉に 街は混乱する

奴がくるのに 備えればならないのか
奴がくるのに 街を捨てなければならないのかと

ある賢者がいった 何が真実かは自分で判断するのだよと
そして愚か者は答えた 何が真実かわからないのだよと

そして見えない敵の存在と
街を取り囲む恐怖と
賢者の話す正論と
愚か者の話す疑問に

街は混乱する
見えない敵が 姿をあらわすまで


平成23年3月16日
出張先の萩市のホテルにて、NHKを見ながら

このページのトップヘ