何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

タグ: 相撲


 この前の日曜日、大相撲秋場所の千秋楽で、横綱 白鵬を破り、全勝優勝をきめた大関 日馬富士。相撲中継などは、普段観ないのだけど、たまたまチャンネルがNHKになっており、決勝戦、表彰式を見ました。その時、違和感みたいなものを感じたので、書いておこうと思います。

 まずは、白鵬も日馬富士もモンゴル出身であったこと。これは日本人力士に強いのがいないのか、絶対数が少ないのか。これは、まあ仕方がない。

 次に表彰式。日馬富士が「君が代」を歌ったこと。モンゴル人の力士が勝ったなら、モンゴルの国歌を歌うのは、わかるが、「君が代は 千代に八千代に・・・」と歌うのは・・・。「君」の解釈はいろいろあると思うが、素直に読めば、天皇陛下である。次に「下賜杯」。菊花紋があったので、天皇陛下から与えられたものだろう。
 もう一つは、神事としての「相撲」。四股は邪気を祓うものであるし、土俵の下には神への供物が埋められているという。

 相撲と神道、神道と天皇陛下は不可分であり、君が代は、千代に八千代に、天皇陛下の治める世の中が続くことを記念する歌である。

 やはり日本人力士が頑張って、綱とりになることがまず第一。後は、スポーツとしても「SUMOU」と神事としての「相撲」を分離することかな。

 しかし、永谷園などは懸賞金でNHKでコマーシャルを流しているからすごいね。

 今日、山口市民文化大学の第3回講演がありました。講師は舞の海 秀平氏です。

 講演に先立ってコミュニティー・タイムというものが毎回あり、今日はマリンバの演奏を聞かせてもらいました。木琴のような楽器ですが、なんでこんな音色がするのだろうと不思議な印象を持ちました。演奏されたのは、山口県を中心に活動される「Par Coeru(パー・クール)」というグループです。

 さて、私はあまり相撲には興味がありませんから、舞の海といっても、顔と名前が一致しない状態でした。しかし、最近の八百長の問題などには興味がありました。

 今回の話の中でも八百長のことを話されました。携帯のメールは読めるけど、心の中は読めない。目と目で通じ合うものがあると。

 また、相撲という大変に厳しい世界にあって、それをユーモアたっぷりに語ることができるというのは、すごいと思いました。

 相撲というのが、スポーツであり、伝統芸能であり、伝統文化であり、神事である。いろいろな側面があることも、お相撲さんの口から聞いて、腑に落ちるものがありました。

 やはり一流と呼ばれる人は、すごいなあと感じました。

 個人的立場として、大相撲は興行と思っているので、八百長もあったと思う。それでも神事だから良いと思う。

 しかし、スポーツとして、やっているという主張であれば、相撲協会の「無気力相撲」という表現が気になる。「無気力相撲」はあったが「八百長はない」という理屈がわからない。

 それと同様に携帯電話が水没したとか機種変更したとか、妻が踏んだとかいう理由で提出しないのもわからない。

 いろいろ言い訳を聞くと、どんどん信頼がなくなっていきます。

数人の力士 携帯電話の提出を拒否

日テレNEWS24

 大相撲で野球賭博から八百長疑惑に話題がシフトしています。NHKをはじめニュースでは「八百長」というのですが、相撲協会は「無気力相撲」と表現します。

 以前から相撲には、そういう側面があると報道されました。地方巡業のときなどは、地元出身の力士に星をあげようとか。

 そもそも大相撲をスポーツと考えるから、「八百長」とか言われると思います。相撲は神事であり、土俵には何か埋めていると聞きます。神事であるからこそ、いろいろ裏であってもいいのです。

 文部科学省所管ではなく、宮内庁所管にして、スポーツではなく、興行あるいは文化としての「大相撲」を楽しめばいいのでは。

 もうしこし、「おおらか」な日本文化を取り戻したいと思いました。

このページのトップヘ