何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

タグ: 生き方


 いろいろなビジネス本を読んで、共通して書いてあるのは「ありがとう」という感謝の心を持ちましょうということです。「ありがとう」とは「有り難い」ということで、なかなか有ることが難しいことです。なかなかないことだから、感謝しましょうということです。ありがとうの反対語は「当たり前」だそうです。やってもらって、当たり前という気持ちでは、感謝できませんね。

 前文と矛盾をするのですが、「ありがとう」、「あいさつ」など、基本的な「当たり前」なことが大事なのですね。人からやってもらったことは、ありがたい。自分のすることは、当たり前と思ってもよいのではないでしょうか。
 言い換えると、手助けをして「ありがとう」とお礼をいわれたら「お互い様だから、いいよ」といい、自分が成功すれば「お陰様」という。素直、謙虚な気持ちが大事ですね。

 ちょっと最近読んだ、和田裕美さんの新・陽転思考より、「真実は一つ、考え方は二つ」というものいい。交通事故に遭ったという事実があって、「あー、こんな事故をして、修理代が・・・」と「怪我もなかったし、この程度の事故ですんで(よかった)」という二つの考え方。(よかった)探しをするのがミソですね。

 また、言葉は言霊だから、「プラスの言葉」を使う。マイナスの「でも」、「できない」をNGワードにするのも、効果がありますね。

 いろいろなことで努力は必要ですが、心がけだけで、人生は大きく変わると思います。


 「」について、まとめてみたいと思っています。

 「志」とは、目標・目的とは少し違うと思うのですが、「あるべき自分の姿」とか「なりたい自分」とか、「この国をどうしたい」とか、すこし漠然としているのですが、そんなもののように感じます。これは私の感じであって、志が具体的なイメージであれば、それはそれで素晴らしいとは思います。

 志というのが、私は大事だと思います。志がないままに仕事をしていると、1週間は月曜から金曜まで働いて、土曜日曜休むという1週間のサイクルの繰り返しで、それを4回ちょっと繰り返すと1ヶ月、1ヶ月を12回繰り返すと1年。そんな感じで、あっという間に20年、30年が過ぎ去っていくと思うのです。
 志があれば、昨日より今日、今日より明日、というように少しでも良くしようと思うので、一日一日が積み重ねになるのです。ちょっとしたことでもいいのですが、この積み重ねを10年、20年繰り返していくとどうでしょうか?繰り返しの20年を過ごしている人に比べると、とんでもなく大きな差が生まれるのではないでしょうか・・・。
 これは自己啓発というような問題ではなく、「志」というちょっとしたものがあるかないかで、決まってくると思います。

 具体的に私の志を書いておこうと思います。私は就職して、会社の本業に近い部分で働いていました。その本業の部分は重厚長大な部署であり先輩も多く、ここで自分の実力を発揮するのは難しいかなと思いました。そこでメインストリームから外れた情報通信の部署に転勤希望を出しました。職種的には変更がかなりきつかったので、それなりに苦労をしました。まだ、LANもイエローケーブル、伝送もアナログからデジタルに移行する時代でしたので、勉強をさせてもらいました。
 話が前後しますが、そのときに情報通信(ITという言葉もありませんでした)の部署に変わるときに思ったのは、「この分野は技術の発展が著しい分野であるから、技術についていけば、かならず成果がでる」ということです。それから20年たちましたが、会社の認定では上級の技術者になりました。

 もう一つ大事なことです。仕事には「ライスワーク」、「ライフワーク」、「ライトワーク」という種類があるそうです。ライスワークはご飯を食べるお金を稼ぐためだけに働く人、ライフワークは自分の一生の仕事として働く人、ライトワークは人を導くような光をあてる仕事をする人だそうです。
 20代の半ばの頃、社外のセミナーで「仕事とはなんだ」という話をしたことがあります。一緒にいた会社の同僚は「給料のために働いている」といい、私は「働き甲斐」といい、話は平行線で終わりました。後から講師の方が私のところにこられて、それは「自己実現」ですといわれました。私は「自己実現」を「なりたい自分になる」と解釈しています。
 40代の半ばになって振り返ると、仕事とは絶対に給料をもらうというのが前提だと思いました。給料をもらえなければ、ボランティアであり「プロ」ではありません。もう一方で、楽しく仕事をしようと思ったり、仕事を改善しようと思ったりするのであれば、「積み重ねの仕事」になると思うのです。給料をもらうだけであれば、繰り返しの仕事でももらえますから。ここまでがライスワーク→ライフワークの切替だと思います。
 人に光をあてるライトワーク。ここは私もこれからの課題です。そういう段階に入ってきていることは、日々実感しています。積み重ねでやっていこうと思います。

 なりたい自分をイメージし、「志」を持つ。毎日を繰り返しではなく、積み重ねと思う。人生、それだけで好転すると思います。楽天的に考える方が、夢は実現するようです。


 今日(7月8日)、山口県セミナーパークにて、北海道大学客員教授、旭川市立旭山動物園前園長の小菅正夫(こすげ・まさお)先生の話を聞く機会がありました。

 旭山動物園は「行動展示」ということで、有名になっており、東京の上野動物園よりも入場者数が多いこともあったということですが、それに至るまでは、いろいろな道のりがあり、その動物園改革とも言えるようなお話でした。その内容は動物園だけでなく、私たち企業人も参考になる点が多くありました。

①まず、問題点として、当時の飼育員は動物に対して向かっていたたが、「お客さま」という単語すら意識していなかった。
②全員が危機感を共有することが大事
③全員ができることをする→組織改革にスターはいらない。

 動物がお客さまにお尻を向けていたそうです。飼育員が檻の後ろ側からお世話をしたりするので、動物の意識がお客さま側ではなく、檻の後ろの飼育員側を向いていたそうです。
 ですから、飼育員がお客さまが側の方から歩いていき、世話をするようにしたそうです。動物は、3日で前を向くようになったそうです。

 また、そのときに飼育員にお客さまへ「ワンポイント」解説をするようにお願いしたそうです。飼育員の反発は大きかったようです。何しろ、「人と話をしたくなくて、動物の世話をする仕事を選んだ」という人が多かったからです。しかし、結果的には、お客さまに解説をしたり、紙芝居を作って、みんなができる方法でお客さまへ接したそうです。

 その飼育員の中に寡黙な人がいたそうです。その人のできることは・・・。尾長ざるの飼育舎で、ロープを張って、それにえさを結びつけたそうです。尾長ざるは知恵を使って、ロープをわたり、シッポでぶらさがっらり、しながら、えさを食べたそうです。フラミンゴの前でお客さまが2~3秒しか滞在しないのに対し、この尾長ざるのところでは、40分くらいお客さまが滞在したそうです。

 これが行動展示のきっかけです。尾長ざるの生態というのが、すべてこの展示の中で出ているそうです。アシカのショーと違うのは、これはこの動物の「生きる(食べる・繁殖する)」という自然の行動だからです。”芸”とは違うのです。

 また、旭川の冬はとても寒く、冬は動物園は営業していなかったらしいです。しかし、雪の白の上に広がる青空は美しく、そこに立つキリンはとても立派だったそうで、交渉の結果、冬の動物園ができるようになったそうです。冬に雪の上を散歩するペンギン、雪をまとったホッキョクグマ。冬だからこその動物園がそこにはありました。
 お客さまは山口県とか九州とか暖かい国の外国人が多かったそうです。北海道の人は寒いのが嫌いなので、あまり冬の動物園には来なかったそうです(笑)。
 これなんかは「でも、冬には動物園はできませんよー」を「冬だからこそ、できる動物園がある」という「でも」を「こそ」に変えた良い例だと思いました。

 旭山動物園は20万人以下の入場者数が、300万人まで増えたそうです。これは一時は閉園まで追い込まれていた状況から、「あきらめず、今できることをする」の継続だなあと思いました。

 「止まない雨はない」、「春の来ない冬はない」と言う言葉を紹介されていたのは、本当に辛い時代を乗り切ったご自身の体験からでしょう。

 今は「国立動物園の設立」に向けた夢を実現しようとしているとのことです。

 ユーモアのある話し方であり、余裕を感じる講演でした。パワーポイントや動画も効果的に使われており、話し方からも学ぶことの多い人でした。


 日々の生活というのは、実際問題そんなに変化がありません。波乱万丈の人生というのも、なかなかめぐり合えませんし、それが幸せなのかわかりません。

 中村文昭さんの講演会CDを聞いているとこんな話があります。

 月曜日から金曜日まで会社に行き、土曜日・日曜日を休む。そんなことを繰り返していると、あっというまに1週間、1ヶ月が過ぎ去ります。

 しかし、日々を繰り返すというイメージから、日々を積み重ねるというイメージに変えるだけで、どうでしょうか?昨日の自分よりも今日の自分の方が、経験を積んでいるから成長をしているし、明日もきっとそうでしょう。

 それを1年、2年積み重ねて、それから振り返ると、どうでしょうか?すごく成長しているのでは、ないでしょうか?

 「繰り返しの人生」から「積み重ねの人生」へ・・・。イメージができれば、一歩踏み出せるのではないでしょうか?


 誰でもできる雑用と呼ばれる仕事があります。たとえば、コピーや買い物。しかし、これを雑用と思わず、本気で取り組めとよくいいます。その通りだと思います。

 雑用ができない人間に、大事な仕事は頼めません。頼むほうが、怖いです。失敗のリスクがあるからです。

 雑用をただこなすのは”作業”でしかありません。工夫をしたり、自分が得ることがあって、”仕事”になります。

 お金を稼ぐだけでなく、仕事の目的・目標がしっかりすれば、それは立派な志をもった”志事”になります。

 自分の仕事は「何の為」にしているかを振り返り、志事にしたいです。

このページのトップヘ