何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

タグ: 民主党


 TBSのニュースサイト魚拓)に野田総理が民主党の代議士会で「心から、心から、心から・・・」と消費税増税法案の採択をお願いしたそうである。

 菅直人も会見で3回繰り返したような・・・。「本当に見たくないのか、本当に見たくないのか、本当に見たくないのか」。


 大事なことは3回言いましたよ。ではないのだけれでも・・・。消費税増税法案は結果として通過すると思う。増税で名目成長率を条件にするだろう。デフレ下で増税をしても、増税以上に経済がダウンして、税収が減るというのが、大方の見方。しかし、将来的には10%は必要だろう。

 消費税10%の前に
・デフレを解消し、経済成長をさせる。
・税収という入り口の話でなく、社会保障という出口の話をする。
・(パフォーマンス的ではあるが、身を切る改革をする。
・言ったことをするのがマニフェスト、言わないことはしないのがマニフェストであるならば、道義的に国民との約束を反故にしているのだから、解散する。

 民主党の議員の造反で、明日の政局がどう動きか注目です。今夜のうちに、闇の中ですごい動きがあるのでしょうね。政治は一寸先は闇ですから・・・。

 4月10日は第一段目の統一地方選挙です。東京都知事などの知事選や市長選が注目を集めています。私のところでは、首長の選挙はなく、県議会議員選挙です。

 各候補者の主張もよくわからず、インターネットで検索しましたが、公職選挙法の関係でできないのでしょうか、そういう主張の比較をするサイトもなく・・・。結局、ブログとかを元に、いろいろな情報をもとに収集して判断しました。

 自分なりの争点は、「国政の民主党にNoといおう」、「原子力政策に態度をはっきりさせている議員を選ぼう」の2点です。

 これに基づいて、今まで投票したことのない政党の推薦を受けている人に投票しました。消去法的な選択です。

 本当は自民党の中の良質な人がいいと思っていますが、今のままの自民党では、期待できないという思いがあります。無所属の人も、選挙後に既成政党に入ると思うので、信用できません。

 東北大震災(原子力を含め)の復興を1年程度で軌道に乗せてもらい、あとは考えないと。

 今回の地方選挙で原子力発電所立地の首長、議員の選挙結果は重いでしょう。一番、近い民意ですから・・・。しかも、原子力推進には、暴風ともいえる逆風が吹いています。

 今日は東日本大震災(今日、正式名が決定)から3週間がたった日です。菅首相の会見が行われました。私はどうしても、言葉の軽さというのを感じます。

 昨日はエネルギー政策を白紙に戻すといったり、フランスの大統領の話したら、そうでもないような・・・。

 また、冒頭の中で、「得られた情報は、迅速に開示し、すべてを国民の皆さんに、あるいは国際社会に対しても透明性高く公開してきた」との言葉があるが、国民の間には政府、原子力保安院、安全委員会、東京電力のいうことは、無条件には信じられないという風潮が広がっている。

 「直ちに」健康に影響はないとかが、どうしても信じられない。IAEAの避難基準の2倍で、日本の基準でOKになる理由がわからない。SPEEDIの計算結果は、迅速に公開されたのか。すべての国民に透明性が高く公開されてきたのか信じられない。

 「国難」という言葉をよく聞くようになった。ならば、この国難を菅総理大臣で乗り切れるのか?民主党で乗り切れるのか?問いたい。大連立で谷垣さんが総理大臣になることもありだろう。リーダーシップとか希望というのを菅さんには感じることができない。

 民主党はある意味、役割を終えたのだと思う。二大政党に成長して、自民党と対決できるようになった。それだけで、いいのである。民主党、とりわけ厚生労働大臣の時に薬害エイズの問題で活躍した菅さんに、私は期待した。しかし、民主党は健全な野党でよかったのである。ある本には、小沢の一党支配で、民主党を小沢人民共和国という声もある。小沢さんが、民主党を自由にしないと。自由な議論も、議員立法もできないと。

 枝野さんにしても、東京電力に責任がすべてあるような会見をした。東京電力の株価や格付けは下がる一方である。しかし、原子力は国策で進めてきたのだし、原子力は国の許認可のもとに進められている。安全審査を許可した国の責任は、東京電力よりも重いのではないかと思う。

 そんなときに、責任のある立場の人が軽い一言をいうのは許されない。マーケットは敏感に反応する。

 また、IAEAの避難勧告に対して、ジャパニーズスタンダードを言いつづけるのはどうだろうか。避難範囲は保守的に考えて広くして、自体が沈静化するにつれ、狭くしていく方が国民には安心ではないだろうか。3km、10km、20km、30kmと広げていくのは、心配のタネである。

 ところで今日は首相会見の記者質問で「ニコニコ動画の・・・です」という記者がいた。ニコニコ動画もメディアとして認められたものだと思った。

朝日新聞社のサイト「asahi.com(朝日新聞社):菅首相の会見全文〈25日午後7時半〉 - 政治」より
1/4
http://megalodon.jp/2011-0401-2016-54/www.asahi.com/politics/update/0325/TKY201103250475.html
2/4
http://megalodon.jp/2011-0401-2019-20/www.asahi.com/politics/update/0325/TKY201103250475_01.html
3/4
http://megalodon.jp/2011-0401-2021-00/www.asahi.com/politics/update/0325/TKY201103250475_02.html
4/4
http://megalodon.jp/2011-0401-2023-34/www.asahi.com/politics/update/0325/TKY201103250475_03.html

民主党政権では日本が持たない民主党政権では日本が持たない
著者:櫻井 よしこ
PHP研究所(2010-05-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 なかなか読み応えがある本で、読むのにかなり時間を要しました。日本のアジアにおける立場、領土問題からの指摘。あるいは政権公約の問題などが論じられました。書かれた時期は鳩山政権の時です。

 自民党が体たらくで、お灸をすえる意味で民主党を選択した人も多いと思います。イデオロギーの差も感じませんでしたし、無駄から財源が出てくると思った。

 それでも政権交代当時は「まだ、●ヶ月だから」とか「この現状は自民党政権のせいだ」という言葉で納得をしてきた部分がある。

 しかし、民主党になって、成果はあったのか?尖閣の対応、普天間、北方領土の対応はどうだ?二酸化炭素1990年比25%減の国際公言はどうだ・・・。

 民主党は外国人参政権など、左派・リベラルの色が出てきた。自民党が保守であれば、イデオロギーの差はあるのではないか?

 政権交代でお灸を据えられたのは、国民だったのではないか。そんな感想を持ちました。

このページのトップヘ