何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

タグ: 山口市民文化大学


 今日(7月14日)、山口市民会館で山口市民文化大学の講座がありました。今回は、筑前琵琶奏者の上原まりさんを講師に招き「平家物語の光と影」という演題でした。上原まりさんは筑前琵琶師範の娘として生まれ、学生時代には琵琶の全国コンクールで3位入賞。その後、宝塚に入り、ベルサイユのバラのマリー・アントアネット役などをされ、宝塚引退後は、筑前琵琶の奏者として活躍されているとのことでした。ご自身曰く、平清盛の大ファンだそうです。

 私は琵琶という楽器を生で演奏しているのを始めてみました。木製で見えない中が空洞になっているようで、四弦の楽器です。もともと琵琶は、大月氏国(イラン・ペルシャ)で生まれた楽器で、その名残で「三日月」の印が、どの琵琶にもあるとのことです(トルコの国旗?)。琵琶には「楽琵琶」、「盲僧琵琶」というのがあるそうで、楽琵琶は今でも宮中で使われるそうです。下は、楽琵琶の参考動画。


 盲僧琵琶は僧がお経を読み上げるときに、バックで演奏されるとのことです。

 この楽琵琶と盲僧琵琶の良いとこ取りをしたのが「平家琵琶」ということで、平家琵琶は平家物語を語るときに弾かれるそうです。

 平家物語は始めは琵琶で語られ、それから書物になったとのことです。現代の琵琶は、薩摩琵琶、薩摩琵琶を小ぶりにした筑前琵琶があるとのことです。

 平家物語については、現時という勝者の目からみた話ということを聞きました。ですから、平家を悪者にしている部分があるというのは、納得できる話です。

 また、琵琶は女性を象徴しているようです。琴は男性を象徴しているとのことです。ですから、琴は女性が弾き、琵琶は男性が弾くことが多いと言われていました。

 「見るべき程の事をば見つ。(今はただ自害せん)」と平知盛のセリフをいわれました。壇ノ浦の決戦で源氏方に攻められ、海に沈む前に「見届けるものは、すべて見た」というのは、物語としては綺麗ですね。

 平家の話をすると「諸行無常」の無常観が残って淋しいのでということで、最後に「まほろば」を演奏されました。奈良の遷都でオーケストラと一緒に演奏されたそうです。

 楽器といえば、ギターとかキーボードとかありますが、日本に昔からある琴、三味線、尺八、そして今回の琵琶。そんな伝統の楽器があるのだなあと再認識をしました。

今日は山口市民文化大学で棋士の羽生喜治さんの話を聞いてきました。その話の要点を少し書こうと思います。まずは、講演に先立って、コミュニティータイムで歌を歌われた落合さとこさんのこと。

 去年の山口市民文化大学の講座でも素晴らしい歌声を聞かせてくれた彼女ですが、今年もそれ以上の歌を聴かせてもらいました。

 淡いピンクの衣装を着た彼女。五木の子守唄から、山口線唱歌、太陽の5本指、幸せの汽笛・・・など5曲を聴かせていただきました。CDを買わせていただきました。
575062_340301266038722_470652939_n

 さて、本題の羽生さんの話。

・将棋をするとき、①直感②読み③大局観という感じでやられるということ。例えば、10手先を読むにしても、1手に3通りのパターンがあるとすれば、3の10乗という途方もない数の爆発となり、考えることができないと。大体1回に80通りの手が考えられるが、それを直感で2~3に絞込み、さらに大局観で判断するとのこと。

・地図で言えば、東京から山口市民会館に移動する場合は、俯瞰・鳥瞰で、山口県・山口市がどこに位置するかをとらえるが、最後はバスでいくか、電車で山口市民会館に行くか。ミクロも大局観も両方必要ということ。

・うかくいかないとき、不調か実力が原因か見極める。実力の場合は、努力が足りないのだから、一生懸命がんばる。不調の場合は、やっていることは、間違っていないが、実現できていないと考える。そして、気分を変える。それは服装とかちょっとしたことでも。モチベーションを高める。しかし、不調も3年続けば、実力。

・アスリートが「楽しんでやりい」というが、リラックス・落ち着いている・楽しんでいると。

・やる気がないより、プレッシャーがあるほうがいい。

・1.5m高飛びができる選手。1mは余裕だから、2mは無理だからあきらめる。1.55mとかがプレッシャーがかかる。登山でも8合目が苦しい。つまり、プレッシャーがかかるというのは、「いいところにきている」ということ。

・作家によっては、締め切りというデッドラインをプレッシャーと感じ、良い仕事をする人もいる。

・ステップアップすることは、「集中できる時間が増える」ということである。これは理屈よりも体験が大事で、竹馬を覚えるのに1週間かかった、あることをするのに2年かかったというこを経験すれば、新しいことするときに必要な時間を見積もることができ、不安でなくなる。

・「長考に好手なし」と言う言葉がある。考えているようで迷っている時間が多い

(まだまだ、ありますが、後日の追加更新に・・・)

 山口市民文化大学講座で、櫻井よしこさんの講演があったので受講をしてきました。演題は「日本の進路と誇りある国づくり」です。

 メモから簡単に話の流れをおこしてみます。

・「経済」というのは単にお金の話ではなく、「価値観」の反映である。
・これからの日本は、人口の減少、少子高齢化により、今後50年で8,000万人まで人口が減少する。
・かつて日本は生活保護を受けるのは恥じであるという価値観があったが、今ではもらえるものは、もらっておけという考えになっている。
・しかし、国内の問題は、日本人には知恵があるから、自分で解決できると信じており、そう心配していない。

・憲法の前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」とあるが、日本を取り巻く諸外国は「平和を愛する諸国民」で「公正と信義」を期待してよいのだろうか?
・世界ウイグル会議があり、議長のラビア・カーディルさんと話す機会があった。
・ウイグル族の宗教はイスラム教であるが、中国共産党によりモスクに行くことも、ウイグル語を話すこともできない。5年間で25万人が殺害され、すでに120万人が虐殺されているのではないか。また、ウイグルの娘は、沿岸部の工場や歓楽街に強制的に連れて行かれ、安い賃金で労働をさせられ、漢民族と結婚させられる。残ったウイグル族の男性は結婚相手がいない状態であるが、中国共産党はウイグルが消えてしまってもいいと思っている。
・1945年以降、武力で領土を拡大している国は中国だけである。
・尖閣諸島は海洋資源だけでなく、台湾のためにも重要である。東シナ海を中国の支配下におくと、有事の際にアメリカの空母が展開できない。深度3,000m~5,000mの海の底に原子力潜水艦を配置し、核攻撃の第2波をできるよにしたいと思っている。(中国は核ミサイルを持っているが、報復の核で地上の基地がやられるが、アメリカは原子力潜水艦で2波目の攻撃ができる。中国の近海に深度の深い海がない)

・全国の大学に孔子学院があるが一番学ばないといけないのは、中国である。
・日本を守ることから、アジアを守る。
・普通の国、普通の立派な国になる。
・歴史を学び、志をしっかり持つ。日本は2600年の歴史を持つ国である。
・GHQは25人で6日間で現憲法を作った。憲法を改正しなければならない。憲法改正の発議には各議員の2/3の賛成が必要であるが、まず、この規定の96条の改正のため、「96条改正議連」で活動し、1/2にしたい。
・東京都が尖閣諸島を取得する募金をしている。一人500円でいいので、都の口座に寄付して欲しい。
東京都尖閣諸島寄附金について(743,173,309 円 平成24年5月17日入金確認分まで)
(私もオンラインバンキングで振込みをしました)

写真





 平成23年7月16日、山口市民会館であった山口市民文化大学 金美齢氏講演「日本再生への提言」を聴講してきました。その内容のメモです。

 一番、感じたことは、日本人への叱咤激励です。後に彼女はサイン会の際に私に「愛のムチ」と言っていました。

 彼女の講演会に人が集まる要因の一つに、大阪の読売テレビの「たかじんのそこまで言って委員会」があるようです。冒頭で彼女が受講者に、観ている人は手をあげてといって確認していました。

 話の中に田中真紀子氏の外務大臣時代の外国でホテルをキャンセルした話や指輪をなくした話の騒動も聞きました。その中でパフォーマンスだけでいい加減(悪い意味で)な政治家のことを語られました。

 また、自由と民主主義というものが、人や世の中を堕落させてしまったことや人間のレベルが低下したことにも話が及び、民主党政権についてはアマチュア政権であったと。しかし、あのたかじん委員会であっても、「一度政権をやられてみようと」いう話になったと。金氏以外は全員、そうだったと。
 しかし、選挙で民主党政権が成立したのだから、これは日本人全員の責任だともいわれた。

 国防については、憲法9条だけで国が守れますかと。日米同盟が抑止力として働いていることも話されました。

 日本の再生については「メイドインジャパン」の精神を言われました。日本だけでなく、山口県であれば、地元を大切にということでした。そして、被災地の自治体が国に支援を求めるように、国というものがちゃんとしていないと、個人の幸せがないとも言われました。

 そして、日本人的なメンタリティー(家族を大事にする、向上心、公(おおやけ)を大切にする、勤勉、責任感)を大切にするように言われました。一方で日本人には、「ものを見る目がない」、「人を見る目がない」、「判断力がない」、「洞察力がない」とも言われました。日本人の代々つながるDNAを活性化させることを言われました。

 そして、日本人の多数が、公的な支援を受ける側でなく、支える側にまわるように言われました。すなわち、税金を払い、支援する側に回ることです。しかし、少子高齢化の時代です。高齢化は避けることが難しいですが、少子化は避けることができると言われました。すなわち、家族が素晴らしいということを若い人が思って、よろこんで結婚して、子供を産める社会にすることです(同時に子供を育てることがいかに大変かも言われていました)。

 「お国のために」と最後に言われました。誤解をされる可能性のある言葉ですが、これはキーワードになると思いました。

 金さんは、59歳でテレビに出たそうです。そして、77歳。ファッションも若々しく、言葉も鋭く、年齢を感じさせませんでした。自身で言われていましたが、建前と本音の乖離のない性格ということで、痛烈な日本への叱咤激励・愛のムチを聞くことができました。

 日本統治下の台湾で生まれた日本人、そして日本国籍を取得され日本人に戻られた金さん、もう少し時間があれば、台湾と中国の関係もお聞きしたかったです。

 そして最新刊の凛とした日本人という本を購入し、サイン会のときに「叱咤激励をありがとうございます」と私がいうと「愛のムチです」と答えられました。わかっているなと思いました。

凛(りん)とした日本人
凛(りん)とした日本人
クチコミを見る

110716_2009~01


 今日、山口市民文化大学の第3回講演がありました。講師は舞の海 秀平氏です。

 講演に先立ってコミュニティー・タイムというものが毎回あり、今日はマリンバの演奏を聞かせてもらいました。木琴のような楽器ですが、なんでこんな音色がするのだろうと不思議な印象を持ちました。演奏されたのは、山口県を中心に活動される「Par Coeru(パー・クール)」というグループです。

 さて、私はあまり相撲には興味がありませんから、舞の海といっても、顔と名前が一致しない状態でした。しかし、最近の八百長の問題などには興味がありました。

 今回の話の中でも八百長のことを話されました。携帯のメールは読めるけど、心の中は読めない。目と目で通じ合うものがあると。

 また、相撲という大変に厳しい世界にあって、それをユーモアたっぷりに語ることができるというのは、すごいと思いました。

 相撲というのが、スポーツであり、伝統芸能であり、伝統文化であり、神事である。いろいろな側面があることも、お相撲さんの口から聞いて、腑に落ちるものがありました。

 やはり一流と呼ばれる人は、すごいなあと感じました。

このページのトップヘ