何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

タグ: 子育て

 私が会員になっているこどもステーション山口の2011年度総会がありました。その会の「こどもステーション山口 設立趣意書(PDF」を読んだのですが、いろいろと感じるところがありました。


 その中でも一番心に残ったのは、『「わたしの子ども」から「わたしたちの子ども」へ』というところです。失礼な話ですが、役員さんの中には、子育ての終わったと思われる(?)方もいます。そんな人には「わたしたちのこども」になっているのでしょうね。

 私の住んでいる地区の子ども会も人数が少ないみたいです。昔みたいに地元の人間ばかりではないので、近所づきあいも減りました。そして、子ども達も外遊びをする機会が減り、人との家に行って遊んだり、ゲームで遊んだりと、子どもの環境も昔とはずいぶん変わりました。

 そういう意味でも、自分の子どもの子育てから、地域・社会による子育てというのが、重要になってくると思います。自分の子どもと同じようによその子どもを扱うというのは、お釈迦様ではないのでできません。しかし、少なくとも無関心にならないようにしたいと思います。

 また、設立趣意書の中には「ゆたかな子ども時代」というキーワードも出てきます。子どもステーションでは、18歳までを子どもとして登録できるのですが、実態としては、長くて中学生までが、子ども時代だと思います。15歳までの人生はあっという間でです。この時代にいろいろと子どもに体験をさせてあげる。これは、後の子どもに人生に大きな影響を与えると思います。

 私も「私たちの子ども」へ「ゆたかな子ども時代」を過ごさせることができるように、この会に協力をしていこうと思います。

 また、今年は「認定NPO法人」を取得する大事な年になるとのことです。寄付の人数が公益性を図るバロメーターになっているようです。継続的にやっていくには、いろいろと活動をしないといけないと感じました。

夜回り先生50のアドバイス 子育てのツボ夜回り先生50のアドバイス 子育てのツボ
著者:水谷 修
日本評論社(2010-11-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
 読みやすい本で、書かれていることも納得できる本でした。

 印象に残ったことを何点かメモ

・子供とアウトドアをしましょう。子供に汚れるとか、クタクタになる体験が不足しています。アウトドア派の子供の非行は少ないです。

・子供の時間で過ごす時を作りましょう。現代の子供はスケジュールで忙しいです。

・畳の部屋から洋室へ。だからこそ、たまには川の字になって家族で寝ましょう。

・死のリアリティを体験させるのも親の役割です。近親者の死やペットの死でも。

・「成績があがったらゲームを買ってあげる」などの約束をしないように。ゲームを買ってあげたら、成績は下がるのだから。

・子供には見合う小遣いを持たせましょう。祖父母のお年玉が多いようであれば、減らしてもらいましょう。

・もし、叱ってしまったあとは、声をかけるなどフォローをしましょう。「叱り捨て」だけはしないように。

・親同士の集まりに子供も出しましょう。大人同士の付き合いを見て、子供が学ぶところは多いです。

・一日30個は褒めましょう。

・家族一緒の時間を大事にしましょう。テレビを見ながら食事など、「ながら」をやめましょう。

・ニュースをみて、子供と話しましょう。悲しいニュースだねとか。わるいことだねとか。子供が「正義」を学ぶチャンスです。

・夜の繁華街に、朝、子供を連れて行きましょう。繁華街がいかに汚いかがわかります。夜のネオンは仮の姿。

・家族旅行をしたときに、「教科書で学んだ・・・」みたいなリンクをさせましょう。教養は人の心をやわらかくします。

 子育てというのは、親になった以上、逃れられない「親の責任」である。

 6歳の息子がけっこう自己中心的です。自分中心に、自分の都合で、まわりを振り回している感じがします。この1年くらい目立っています。また、年上の娘は、そういう性格ではなかったので、余計に目立ちます。

 そんなとき、「世界の中心は自分じゃない」、「人には人の都合というものがある」というのですが、6歳児には難しいかも知れません。

 自己主張も大事ですが、協調性も大事です。

 大人でも出来ていない人がいるのですから、6歳児にはね。

 しかし、コツコツと教えていくのが、親のつとめです。

 「怒る」と「叱る」では大きな違いがあると感じています。特に子供を育て始めてから、この違いを意識するようになりました。

 「怒る」というのは、感情を爆発させて、大声で、相手を責めるイメージがあります。感情に支配されているときは多いです。また、「義憤」といわれる公の怒りであっても、感情的になっているときは、「怒る」になるでしょう。

 対して「叱る」は、あくまでも冷静に、相手の将来のためを思って諭すことというイメージがあります。手法として、大きな声や体罰的なものを使うことはありますが、感情には支配されていません。

 最近の親による虐待事件は、「怒る」ことでおきていると思います。自分の怒りが制御できないレベルになって、虐待として現れる(もちろん、これ以外の要素もあると思いますが)

 感情を制御するのは難しいです。一呼吸おくとか、第三者的にみてから、叱るとかやり方はあると思います。なるべく、「叱る」をしたいです。

 相手のことを思って「叱る」。これは「褒める」と同じくらい大事なことです。(表面上の言葉ではなく、気持ちが入っているかもポイントです)

このページのトップヘ