何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

タグ: 地域


 今日は、午前10時30分から12時まで、山口セミナーパークで防長倶楽部理事、「おいでませ山口」観光サポーターの松永勝人さんの講演を聴きにいきました(案内文)。

 松永さんは山口市鋳銭司で生まれ、その後山口県から離れて暮らされているので、県外からの視点と、そして別に郷土愛のある方だと感じました。だからこそ、時に厳しいことを言われていたように感じました。

 私のメモとレジメから。

・山口県は産業の生産拠点になる可能性が高い。横浜から千葉に移動するのに4時間。同じ4時間で山口に移動できる。山口は災害の可能性も少ない。

・山口県は過去の業績は素晴らしいものがある(維新、総理)。しかし、産業が栄えても、人口が比例して増えてなく、これからも雇用が増えない。日本では人口が毎年0.5%づつ減少していくが山口県は1%減少しており、25年後には人口の2割が減る。

・高速道路網の充実が、広島、北九州、福岡の100万人都市に吸引されている。

・「力の強い種ではなく、変化に対応した種が生き残るのだ(ダーウィン)」という警告を山口県は肝に銘じなければならない(過去の栄誉ではなく、今の変化に対応する)

・25年後、山口の人口は21%減、特に年少者の人口は40.7%減少する。長崎、秋田につぐワースト3である(これらはわかっている現実)。

・山口県は地方都市が分散しており、都市の集中による恩恵が少ない(学校の運営なども市が単位で、バラバラだから集中できない。集中できないから突出できない。個人も地域もつながって、競争力を高めなければならない)

・山口は災害も少なく、自然も多く・・・。しかし、明治維新や歴代総理大臣の数もあるが、何事もお役所任せ、地元政治任せという「あなた任せ」に感じられ、厳しいグローバル競争についていけない。

・山口県というブランド力が弱く、首都圏の若者は「山口県?何があったっけ?」という感じである。

・山口市195千人、下関市277、宇部市172、周南市148、岩国市141・・・。相互連携がなく、唯我独尊。地域を点を線に繋ぐ、線を面にする努力がみられない。

・地元民が地元を愛している順位で、山口県は全国41位である。ブランド力は34位である(別の調査データーではブランド力は2011年で39位になっています)。

・山口県は近年でもユニクロの柳井社長や聖路加病院の日野原先生など話題の人がある。総理大臣は歴代9人。在任期間のトップ3も山口県にゆかりのある人である。桂太郎(2,886日)、佐藤栄作(2,798)、伊藤博文(2,720)。ベスト5は岸信介(1,241)、山県有朋(1,210)。山口県出身の総理大臣在任期間の計は12,833日で東京都出身の3,001日の4.3倍。

・これらは大内文化(1325-1551)からの影響や、近年では明治維新を影で支えた長州藩(藩主 毛利敬親)の影響がある。

・なんでこのような人材を生み出されたか。人材活用と大衆の家庭教育が熱心であったことがある。吉田松陰などは、ピーター・ドラッカーが経営の勉強をしようと志すもとになったっ人物である。明治維新など短期間でやったことは、「世界の奇跡的革命」と言われており、「賢い農民」といわれるような、寺子屋などの大衆の家庭教育がある。

・「郷土を愛せない者は、日本を愛せない、世界も愛せない!人は、誰でも郷土を想い、誇りとして、そこに軸足をおいて、国を思い、世界を思う・・・」が松永先生の持論ということ。

・世界のグローバル化により、情報や利害の共有化の時代に入った。「社会と個人の相互依存の良い関係」というのが「幸福度」になる。「幸福度」などが集約されて、地域や国の「ブランド力」となる。「ブランド力」とは「ソーシャルキャピタル(社会関係知的資本)」であり、「コミュニティー(共同体=社会=地域、市町村、県、国)」の評価となる。2極化される社会の中で、ブランド力は重要である(勝ち組、負け組)。

・NASDAK(Natajima Aiohutajima Suzenji Daindou)など、地域は連携しないといけない。今は、交流がない。

・日本が世界に誇れるもの「四季」、「女性」、「料理・食材」である。

・山口県 長州平成維新の提案。おししい食材の重点育成、ブランド力。

・ユニクロと協力した「田園ファッションショー」。学校の先生がおしゃれをする。「先生が変われば、子どもも変わる」

 箇条書きですが、先生がいわれた言葉のメモで印象に残ることで終わろうと思います。

 一流を狙わないと、落ちてゆくよ

 私が会員になっているこどもステーション山口の2011年度総会がありました。その会の「こどもステーション山口 設立趣意書(PDF」を読んだのですが、いろいろと感じるところがありました。


 その中でも一番心に残ったのは、『「わたしの子ども」から「わたしたちの子ども」へ』というところです。失礼な話ですが、役員さんの中には、子育ての終わったと思われる(?)方もいます。そんな人には「わたしたちのこども」になっているのでしょうね。

 私の住んでいる地区の子ども会も人数が少ないみたいです。昔みたいに地元の人間ばかりではないので、近所づきあいも減りました。そして、子ども達も外遊びをする機会が減り、人との家に行って遊んだり、ゲームで遊んだりと、子どもの環境も昔とはずいぶん変わりました。

 そういう意味でも、自分の子どもの子育てから、地域・社会による子育てというのが、重要になってくると思います。自分の子どもと同じようによその子どもを扱うというのは、お釈迦様ではないのでできません。しかし、少なくとも無関心にならないようにしたいと思います。

 また、設立趣意書の中には「ゆたかな子ども時代」というキーワードも出てきます。子どもステーションでは、18歳までを子どもとして登録できるのですが、実態としては、長くて中学生までが、子ども時代だと思います。15歳までの人生はあっという間でです。この時代にいろいろと子どもに体験をさせてあげる。これは、後の子どもに人生に大きな影響を与えると思います。

 私も「私たちの子ども」へ「ゆたかな子ども時代」を過ごさせることができるように、この会に協力をしていこうと思います。

 また、今年は「認定NPO法人」を取得する大事な年になるとのことです。寄付の人数が公益性を図るバロメーターになっているようです。継続的にやっていくには、いろいろと活動をしないといけないと感じました。

このページのトップヘ