何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

タグ: 国籍

ブログネタ
猫ひろしさんの「まぼろしの五輪」どう思う? に参加中!
 国際陸上競技連盟から「国籍取得から1年未満であることと、連続1年以上の居住実績がないことから参加資格を満たしていない」ということで、カンボジア国籍を取得しても、オリンピックに出ることができない猫ひろしさん。4年後のリオ五輪の出場を目指すということである。

 しかし、陸上選手としての寿命が終わったとき、それでは日本人に戻りますというわけにはいかないだろう。国籍をコロコロ変えるのは・・・。

 日本人→カンボジア人→日本人(帰化)というのができるのか・・・。不思議な感じです。

 帰化した国会議員に関するツイートをみることが多いです。ツイートのリンク先は、以下のブログです。

 帰化人国会議員一覧 - 沖縄県民斯ク戦ヘリ

 これによれば、党首クラスの国会議員をはじめ、多くの帰化した国会議員がいることになります。

 帰化とは「帰化とは,その国の国籍を有しない者(外国人)からの国籍の取得を希望する旨の意思表示に対して,国家が許可を与えることによって,その国の国籍を与える制度です。日本では,帰化の許可は,法務大臣の権限とされています(国籍法第4条)。」とのことです。

 帰化の最低条件は「住所条件(国籍法第5条第1項第1号)」、「能力条件(国籍法第5条第1項第2号)」、「素行条件(国籍法第5条第1項第3号)」、「生計条件(国籍法第5条第1項第4号)」、「重国籍防止条件(国籍法第5条第1項第5号)」、「憲法遵守条件(国籍法第5条第1項第6号)」があるそうです。この中の住所条件では、「引き続き5年以上日本に住んでいることが必要」とあります。
 また、「日本と特別な関係を有する外国人(日本で生まれた者,日本人の配偶者,日本人の子,かつて日本人であった者等で,一定の者)」は条件の緩和があるということです。
 詳細は「法務省HP 国籍Q&A」を参照ください。

 憲法に「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」とあり、選挙権も被選挙権も日本に帰化した外国人を区別することはないので、法律的には全く問題ない。代表的には、民主党の蓮舫議員も台湾から1985年に帰化している。Wikipediaでも国会議員に「4名以上多数存在している」と記載がある(日本における外国人参政権 - Wikipedia

 以上から国会議員に帰化して日本国籍を持っているものがいるとしても問題ないと考えるが、要は元の国籍よりも今の国籍である日本を第一に考えるかである。元の国に利益を誘導したり、日本の国益を損なうことはしないということである。このあたりは、選挙があるので、国民が審査をすることができると思う。

 選挙権も同様に帰化した外国人と国民を区別しない。このあたりは「帰化」ということ、日本国籍を与えるということを慎重に考える必要になる。同胞とかいて「はらから」と読むが、同じ歴史のある日本国民になり、文化・伝統を共有するということである。大陸の地続きの国と島国の日本では、「移民」という重みが違う。

 外国人の参政権の問題や外国人の土地取得、移民の受け入れの問題も帰化よりもさらに高いハードルがある。日本国が日本国らしくあるためには、一定の要件というのが必ず必要になる。

 帰化した国会議員のことを考えながら、まとまらない文章を書いてみました。

このページのトップヘ