何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

タグ: 原子力


 今日は山口県知事選挙の投票日でした。私は期日前投票を済ましていたので、本日は映画のハシゴをしてきました。

 まず、10:30 山口県教育会館で西京シネクラブの「アメージング・グレース」という映画を観ました。イギリスの映画のようで、時代は1800年頃。奴隷貿易で儲けていた自分の国に対し、平等という立場から奴隷制度に反対する青年の話。奴隷貿易禁止の話が順調に進んでいったときに、フランス革命がおき、一旦、旧体制に戻る。失意のため、青年は心身を病んでしまう。しかし、愛に恵まれ、国の情勢が安定した時代に奴隷貿易禁止の法案を通す。

 「志を高く持って、正しい道を進めば、必ず前方は拓けてくる」。そんな話でした。奴隷というのが、自国の利益に大きな影響を及ぼし、奴隷が当たり前と思っている時代に、同じ人間なんだという視点、自国が不利益になっても、残酷な仕打ちを続けたくないという主人公の想いには、心を打たれるものがありました。

 13:30からは山口芸術文化センターで「明かりを灯す人」という映画を見ました。明かりを灯す人というのは、電気工事の人で、流れから考えるに、村にはたった一人の電気工事士です。ストリーリーの最初の部分では、電気の払えない人の家の電気の配線を変更し、メーターを回さないようにしたり・・・。電気代はすごく高く、彼の夢は谷に大きな風車をつけて、村の電気をまかなうと・・・。
 そんな村の国が、革命で政権が変わり、他の国から人が入ってきて、土地を買い占めたりしようとする。電気屋さんはそんな話の中に流れて行き、最後は・・・。

 「明かりを灯す人」は芸術的な作品だったので、ストーリー的には難しいですが、古い文化に新しいもの(悪いもの)が入ってきた時の反抗というか、交じることを拒否する強さを感じました。受け入れるだけではダメで、自分の国・国柄・価値観・共同体は守っていかないといけないと思いました。

 最後に山口県知事選挙について。山本繁太郎さん(63)が当選確実と報道されたようです。今回の選挙は、原子力発電の選択選挙になる要素がありましたが、凍結・反対・あたりまえなど、選択肢にはなりにくかったです。また、選挙期間中に岩国にオスプレイの搬入があるなど・・・。岩国基地問題も話をややっこしくさせました。保守の地盤の強い山口県らしく自民党・公明党の推薦する候補の当確となったわけです。

 今回の選挙は、確かに原子力に賛成か反対かという色付けをするのであれば、明確な反対は飯田さん、三輪さん。山本さんは凍結、高邑さんは争点にせず。山本さんも凍結といったものの、告示のときだけ。岩国基地強化の問題は、高邑さん以外は受け入れずという姿勢でした。しかし、基地問題は途中でオスプレイが搬入されたので、これはよくわからなかった。

 山本さんを選択したというのは、二井知事後継指名や行政経験から言えば妥当な選択といえるのではないでしょうか。原子力をシングルイシューとした人は飯田さんに投票をしたであろうし、三輪さんの立候補は唐突すぎたし、高邑さんの立候補は民主党衆議院議員を辞職して立候補という意気込みと38歳の若さは評価できるが・・・。民主党は離党した高邑さんを支援できず、山本さんも衆議院議員で民主党の対立候補だった経緯で支持できず、連合も自主投票と・・・。

 注目べきは飯田さんの得票率です。いろいろな問題があるので、原子力の是非を問うことはできませんが、県民の心は少し見えてくるはずです。現に原子力発電所がある都道府県の首長選挙となれば、山口県以上にエネルギー問題が注目されると思います。「私は再稼動には絶対同意しません」という候補が出てきて、シングルイシューの選挙となれば、山口県どころの騒ぎではないと思うからです。都道府県知事の被選挙権に居住地の制限はありません。飯田さんは山口県出身ということで、ゆかりがありましたが、坂本龍一さんが立候補しようと思えばできたし、芸能人でもできるのです。●●県のためという良識と、国民投票ができない状態での意思表示の場としての都道府県知事選挙は、今まで以上の混戦になるのではないでしょうか。

 日本のため、山口県のためと思い、私も投票行動をしました。


 朝日新聞デジタルの記事魚拓)より、原発の再稼動に反対し、4万人もの人が集まったらしい。今日はテレビを見ていないので、正確にはわからないが、twitterによれば、NHKの7時のニュースでも取り上げられなかったらしい。

 エネルギーの選択は、高度なことなので安易に結論は出せない。今は方向性を示すべきなのであろうが、方向性が決まっていない。しかし、今でも反対集会があり、1万人とか集まっているのに、メディアの取り扱いは低い。メディアに正義はないのかも知れない。

 原子力の決定的な問題は、核廃棄物である。しかも、再処理をすることで発生するハイレベル放射性物質の具体的な処分場所が決まっていない。また、再処理で作られるプルトニウムの処理ももんじゅがダメで、ウランと一緒にするプルサーマルをしても、使う量より発生する量が多かったり、そもそもウランの発電所も動かない。プルトニウムがたくさんあると、核保有国とみなされる。

 「ゴミの廃棄処分がきまっていない原子力」が最大の問題点である。地層処分で安全になるまで10万年かかる。今は、西暦2千年・・・。10万年って、将来の人類に誰が保障をするのだろう。

 今までは二酸化炭素を発電中に出さない原子力の優位や石油が中東に依存していることから、一回、日本に持ち込めば、発電して再処理して発電するという核燃料サイクルで、準国産電力として、エネルギーセキュリティー上、優位があるとされてきた。もちろん、発電単価も安いと。

 今は選択の時だろう。原子力ゼロか半分か今までどおりか、緩やかに廃止するか・・・。人々はプラスの情報もマイナスの情報も仕入れなければならない。感情だけが支配するのもだめ。

 今日、少し酔った頭で思ったのは、「原子力の再稼動に反対して、抗議の焼身自殺」とかがおきるのではないかということ。4万人というのは、尋常な数字ではない。SNSがツールとなって、動員できている面もあるかも知れないが、この数字の持つ意味は、すごい。テレビで放送しなくても、知る人は知る。

 政治が機能して、国民の声を聞いて、正しい方向に日本を進ませる。民意と政治はずれていくかもしれない。しかし、感情論でなく、ポピュリズムでなく、国民の方向をむいて、政治ができる人はいるのだろうか・・・。

 大政奉還し、王政復古させて・・・。変な方向にいきそうなので、この辺で。


 昨日の新聞の一面やテレビの報道では、オウム真理教の高橋容疑者逮捕の情報が大きく扱われていました。しかし、その裏では消費税増税に関する三党合意や関西電力 大飯原子力発電所3、4号機の再起動という、国民生活にかかわる大きなニュースがあったわけです。

 過去にもこのパターンはありました。

 偶然かも知れません。しかし、メディアは高橋容疑者逮捕より、消費税増税や原子力の問題をもっと報道すべきだと思います。

平成24年6月10日(日)13時30分から15時、山口県セミナーパーク公益財団法人 山口県ひとづくり財団主催の毎日新聞社論説委員の与良正男(よら・まさお)さんの講演会がありました。演題は「政治のゆくえ この国のゆくえ」です。

 与良さんといえば、みのもんたの朝ズバッ!の解説者で有名ですが、冒頭に朝ズバッ!の話がありました。目が合った私に「朝ズバッ!は何時にスタジオ入りすると思いますか?」と質問されました。
 5時半からの番組なので2時間前の3時半くらいかなとお答えすると、5時前にスタジオ入りされるとのことで、ほとんどぶっつけ本番とのことでした。
 何の質問があるかわからないぶっつけ本番というのは、コメンテーターとしては、怖いとのことでした。

 また、みのさんの奥さんのことも触れられていました。みのさんんの奥さんは素晴らしい人で、病気のことも、みの夫婦で隠し続けられたらしいです。なんでも、毎朝6時に奥さんがスタジオに電話をしてくるらしいのですが、入院されても気を使わせたらいけないということで、病院から連絡をされていたとのことです。みのさんもカメラが回っているときは、プロ意識ではしゃいでいるらしいですが、CMとかになると、やはり落ち込まれるようです。当たり前ですね。

 福島のことについても触れられました。与良さんは罪滅ぼしに話すみたいなことを言われていました。罪滅ぼしとは語られなかったけれど、ジャーナリストとして二大政党制を煽り、結果として民主党政権になり、日本が迷走していることを指していたのではないかと思います。

 福島のことにもどりますが、今年、小学校の運動会の放送の裏話。玉入れをするときは、児童がマスクをしていたとのことです。運動会をするにあたっては、学校と親の対立があり、親は親同士で対立があり、運動会をやめろとか、やろうとか。妥協の産物がマスクをしての玉入れ競技だったとのことです。また、父親と母親の間でも対立があるとのことです。父親は「いいだろう」みたいな感じですが、母親は保守的に考えるので、この差が別居にいたるなどのことになっているそうです。

 ふくしまキッズというボランティア活動があり、せめて夏休みの間の少しの期間でも子供たちを福島から離れさせて、遊ばせてあげようという運動があるようなのですが、福島県知事などはあまりいい顔をしないそうです。それは、その活動が盛り上がれば、盛り上がるほど、福島=危険となり、風評被害につながるからです。

 また、ガレキ処理も複雑とのことです。(たしか、石巻といわれていた気がするのですが)360度ビルの4階に匹敵するガレキが残っており、ガレキの広域処理を求めているのですが・・・。ガレキは雇用につながり、なくならないほうがよいと思っている人もいるそうです。被災地の人が言われるには、支援慣れしてきたと感じる人が、市民の半分はいるとか・・・。義援金でパチンコに行ったり・・・。誰を責めることもできませんが、福島を中心とする被災地の状況は複雑です。

 吉良さんの最近のスタンスは「増税もやむをえない」ということらしいです。「増税をするまえに、やることがあるだろう」と言えば、コメンテーターとしては安全圏らしいのですが、こう言うようにしているようです。これ以上、先の世代(子供)に先送りできない問題で、子供に「将来、安心してもいいよ」と言えないといっていました。
 増税のことも今に始まったことではなく、小泉総理大臣の時代からあった話だそうです。増税の前にではなく、増税と同時にやることがある。そんなことを言われていました。

 今の政治の中心ですが、大阪維新の会を取り巻く思惑がおおいようです。2大政党をあわせても3割しかない支持率で、大阪維新の会の存在はすごいらしいです。自民党の谷垣総裁が解散を口に出さなくなったのも、今、選挙をすれば、大阪維新の会の負けてしまうというという思いがあるのでは、というニュアンスのことを言われていました。

 橋本徹市長は「政治の仕組み」を変えるという問題意識があり、二院制の問題や首相公選制の話をされます。吉良さんは一院制には賛成ですが、首相公選制にはあまり乗り気ではないようです。二院制のねじれ国会は解消しないといけないと。GHQはそもそも貴族院を廃止して一院制を提示したのですが、日本は一院制では社会主義になると二院制にしたとの話です。国会が焼けなかったので、二院制という話もありました。

 急に坂本竜馬が出てくるわけでもないし、政治家・人を育てていかないといけないと。女川で塾をしているNPO法人をやっている若者の話をしていました。若者も捨てたものではないと。おそらく被災地の放課後学校 コラボ・スクールのことだと思います。

 政治の仕組みのことは、盛んに言われていましたが、憲法の改正には両議院の3分の2以上の発議が必要という高いハードルがあります。この3分の2条項だけ先行で改正できれば、全文・9条の問題もできるのですが・・・。国会にこんな勢力ができるのかというのが私の疑問です。

このページのトップヘ