何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

タグ: 佐藤愛子

4
冥途のお客 夢か現か、現か夢か冥途のお客 夢か現か、現か夢か
著者:佐藤 愛子
光文社(2004-09-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


 佐藤 愛子さんが体験した、この世以外との接点のお話。ちなみに、「佐藤 愛子」なる人をしったのは、この本がはじめて。

 文中に「美輪明宏」、「江原啓之」などスピリチュアルな関係者も登場。江原に関しては、江原さんがブレーク(もう終わった?)する前の付き合い??

 自身が体験した心霊現象、狐憑き、霊視などの話が中心。

 信じる信じないは、読者の側の判断かと。

 2010年06月27日mixiレビューにアップしたものです。

5
私の遺言 (新潮文庫)私の遺言 (新潮文庫)
著者:佐藤 愛子
新潮社(2005-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 北海道に別荘を買ったことで、著者の霊能が目覚めて、北海道はもとより、東京の自宅でも怪奇な現象がおき、それを著者が解決していくというもの。若いときの江原啓之さんや美輪明宏さんも登場してくる。

 この解決の中で、著者が霊の世界を理解していく。この著書を書いたのも浄霊のひとつでは。

 北海道の別荘で、アイヌの霊と対峙する場面は、思わず引き込まれ、時間を忘れて、読みました。

2010年07月03日にmixiレビューにアップしたものです。

このページのトップヘ