何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

カテゴリ : 教養


 今日(7月14日)、山口市民会館で山口市民文化大学の講座がありました。今回は、筑前琵琶奏者の上原まりさんを講師に招き「平家物語の光と影」という演題でした。上原まりさんは筑前琵琶師範の娘として生まれ、学生時代には琵琶の全国コンクールで3位入賞。その後、宝塚に入り、ベルサイユのバラのマリー・アントアネット役などをされ、宝塚引退後は、筑前琵琶の奏者として活躍されているとのことでした。ご自身曰く、平清盛の大ファンだそうです。

 私は琵琶という楽器を生で演奏しているのを始めてみました。木製で見えない中が空洞になっているようで、四弦の楽器です。もともと琵琶は、大月氏国(イラン・ペルシャ)で生まれた楽器で、その名残で「三日月」の印が、どの琵琶にもあるとのことです(トルコの国旗?)。琵琶には「楽琵琶」、「盲僧琵琶」というのがあるそうで、楽琵琶は今でも宮中で使われるそうです。下は、楽琵琶の参考動画。


 盲僧琵琶は僧がお経を読み上げるときに、バックで演奏されるとのことです。

 この楽琵琶と盲僧琵琶の良いとこ取りをしたのが「平家琵琶」ということで、平家琵琶は平家物語を語るときに弾かれるそうです。

 平家物語は始めは琵琶で語られ、それから書物になったとのことです。現代の琵琶は、薩摩琵琶、薩摩琵琶を小ぶりにした筑前琵琶があるとのことです。

 平家物語については、現時という勝者の目からみた話ということを聞きました。ですから、平家を悪者にしている部分があるというのは、納得できる話です。

 また、琵琶は女性を象徴しているようです。琴は男性を象徴しているとのことです。ですから、琴は女性が弾き、琵琶は男性が弾くことが多いと言われていました。

 「見るべき程の事をば見つ。(今はただ自害せん)」と平知盛のセリフをいわれました。壇ノ浦の決戦で源氏方に攻められ、海に沈む前に「見届けるものは、すべて見た」というのは、物語としては綺麗ですね。

 平家の話をすると「諸行無常」の無常観が残って淋しいのでということで、最後に「まほろば」を演奏されました。奈良の遷都でオーケストラと一緒に演奏されたそうです。

 楽器といえば、ギターとかキーボードとかありますが、日本に昔からある琴、三味線、尺八、そして今回の琵琶。そんな伝統の楽器があるのだなあと再認識をしました。


 今日(7月8日)、山口県セミナーパークにて、北海道大学客員教授、旭川市立旭山動物園前園長の小菅正夫(こすげ・まさお)先生の話を聞く機会がありました。

 旭山動物園は「行動展示」ということで、有名になっており、東京の上野動物園よりも入場者数が多いこともあったということですが、それに至るまでは、いろいろな道のりがあり、その動物園改革とも言えるようなお話でした。その内容は動物園だけでなく、私たち企業人も参考になる点が多くありました。

①まず、問題点として、当時の飼育員は動物に対して向かっていたたが、「お客さま」という単語すら意識していなかった。
②全員が危機感を共有することが大事
③全員ができることをする→組織改革にスターはいらない。

 動物がお客さまにお尻を向けていたそうです。飼育員が檻の後ろ側からお世話をしたりするので、動物の意識がお客さま側ではなく、檻の後ろの飼育員側を向いていたそうです。
 ですから、飼育員がお客さまが側の方から歩いていき、世話をするようにしたそうです。動物は、3日で前を向くようになったそうです。

 また、そのときに飼育員にお客さまへ「ワンポイント」解説をするようにお願いしたそうです。飼育員の反発は大きかったようです。何しろ、「人と話をしたくなくて、動物の世話をする仕事を選んだ」という人が多かったからです。しかし、結果的には、お客さまに解説をしたり、紙芝居を作って、みんなができる方法でお客さまへ接したそうです。

 その飼育員の中に寡黙な人がいたそうです。その人のできることは・・・。尾長ざるの飼育舎で、ロープを張って、それにえさを結びつけたそうです。尾長ざるは知恵を使って、ロープをわたり、シッポでぶらさがっらり、しながら、えさを食べたそうです。フラミンゴの前でお客さまが2~3秒しか滞在しないのに対し、この尾長ざるのところでは、40分くらいお客さまが滞在したそうです。

 これが行動展示のきっかけです。尾長ざるの生態というのが、すべてこの展示の中で出ているそうです。アシカのショーと違うのは、これはこの動物の「生きる(食べる・繁殖する)」という自然の行動だからです。”芸”とは違うのです。

 また、旭川の冬はとても寒く、冬は動物園は営業していなかったらしいです。しかし、雪の白の上に広がる青空は美しく、そこに立つキリンはとても立派だったそうで、交渉の結果、冬の動物園ができるようになったそうです。冬に雪の上を散歩するペンギン、雪をまとったホッキョクグマ。冬だからこその動物園がそこにはありました。
 お客さまは山口県とか九州とか暖かい国の外国人が多かったそうです。北海道の人は寒いのが嫌いなので、あまり冬の動物園には来なかったそうです(笑)。
 これなんかは「でも、冬には動物園はできませんよー」を「冬だからこそ、できる動物園がある」という「でも」を「こそ」に変えた良い例だと思いました。

 旭山動物園は20万人以下の入場者数が、300万人まで増えたそうです。これは一時は閉園まで追い込まれていた状況から、「あきらめず、今できることをする」の継続だなあと思いました。

 「止まない雨はない」、「春の来ない冬はない」と言う言葉を紹介されていたのは、本当に辛い時代を乗り切ったご自身の体験からでしょう。

 今は「国立動物園の設立」に向けた夢を実現しようとしているとのことです。

 ユーモアのある話し方であり、余裕を感じる講演でした。パワーポイントや動画も効果的に使われており、話し方からも学ぶことの多い人でした。

今日は山口市民文化大学で棋士の羽生喜治さんの話を聞いてきました。その話の要点を少し書こうと思います。まずは、講演に先立って、コミュニティータイムで歌を歌われた落合さとこさんのこと。

 去年の山口市民文化大学の講座でも素晴らしい歌声を聞かせてくれた彼女ですが、今年もそれ以上の歌を聴かせてもらいました。

 淡いピンクの衣装を着た彼女。五木の子守唄から、山口線唱歌、太陽の5本指、幸せの汽笛・・・など5曲を聴かせていただきました。CDを買わせていただきました。
575062_340301266038722_470652939_n

 さて、本題の羽生さんの話。

・将棋をするとき、①直感②読み③大局観という感じでやられるということ。例えば、10手先を読むにしても、1手に3通りのパターンがあるとすれば、3の10乗という途方もない数の爆発となり、考えることができないと。大体1回に80通りの手が考えられるが、それを直感で2~3に絞込み、さらに大局観で判断するとのこと。

・地図で言えば、東京から山口市民会館に移動する場合は、俯瞰・鳥瞰で、山口県・山口市がどこに位置するかをとらえるが、最後はバスでいくか、電車で山口市民会館に行くか。ミクロも大局観も両方必要ということ。

・うかくいかないとき、不調か実力が原因か見極める。実力の場合は、努力が足りないのだから、一生懸命がんばる。不調の場合は、やっていることは、間違っていないが、実現できていないと考える。そして、気分を変える。それは服装とかちょっとしたことでも。モチベーションを高める。しかし、不調も3年続けば、実力。

・アスリートが「楽しんでやりい」というが、リラックス・落ち着いている・楽しんでいると。

・やる気がないより、プレッシャーがあるほうがいい。

・1.5m高飛びができる選手。1mは余裕だから、2mは無理だからあきらめる。1.55mとかがプレッシャーがかかる。登山でも8合目が苦しい。つまり、プレッシャーがかかるというのは、「いいところにきている」ということ。

・作家によっては、締め切りというデッドラインをプレッシャーと感じ、良い仕事をする人もいる。

・ステップアップすることは、「集中できる時間が増える」ということである。これは理屈よりも体験が大事で、竹馬を覚えるのに1週間かかった、あることをするのに2年かかったというこを経験すれば、新しいことするときに必要な時間を見積もることができ、不安でなくなる。

・「長考に好手なし」と言う言葉がある。考えているようで迷っている時間が多い

(まだまだ、ありますが、後日の追加更新に・・・)

『「江戸しぐさ」に学ぶ心意気』という講演を聞いてきました。主催は社団法人山口青年会議所です。講師はNPO法人江戸しぐさ山内あやりさんです。ちなみにtwitterは@Ayari_Yamauchi、ブログは山内あやりの「江戸しぐさ」な日々というページをお持ちのようです(ここまで調べ上げたわけではなく、twitterアカウントからたどり着きました。

 今回の講演は、ブログの「江戸しぐさ」講演 in 山口市のお知らせというエントリーでも紹介されています。今回の講演を聞いて、思ったことは。江戸しぐさというのは、江戸の商人が日々をスムースに暮らしていく上の生活の知恵で、それが世間のためになったりするのだろうなあということです。

 以下聞いた内容を箇条書きにメモしておきます。

・オリエンタルランド(ディズニーランドの運営会社)でも江戸しぐさを教育にとり入れている。例えば、ゴミが落ちていたとき、拾えと教育するのではない。ゴミを拾わなければいられない”心”、”クセ”を教育している。

・江戸しぐさは「商人(あきんど)しぐさ」、「繁盛しぐさ」ともいい江戸の商人道であり、特に商人の上に立つ人が、「どうあるべきか」、生き方、あり方を示すもの。それは日本人の心のあり方やアイデンティティにも通じる。

・初対面の時の江戸しぐさ。「いつぞやは先祖がお世話になりまして」、「お初にお目にかかりますが」、のようなつながりがあったかのような挨拶をする(初めてあったとき=お目見えを大切にする)

・こんにちはの”は”は、「こんにちは・・・」のように後に言葉がつながるからで、”わ”ではない。「こんにちは・・・」の後に何かをつなげればよい。

・「思いやり」、「おかげさま」、「お互いさま」、「言葉・言霊」、「仕草ではなく”思草”」、そして人間関係の無用のトラブルを避ける(危機管理)。

・感性を育てる(教育のポイント)。江戸商人のリーダーの生活信条。生活信条だから、自分を節する感性。

・思草の”思”は内面をあらわし、”草”は外に発せられた部分をあらわす。だから、内も外も大事。

・「知行合一(ちこうごういつ)」。思いと行動は、一対でありたい。

・江戸しぐさは口伝で伝えられた。

・異文化との共生であり、共生とは商人同士が共倒れしないこと。まず、自分が自立していること。

・京の粋(いき)であるが、江戸は「いき(ひらがな)」である。

・「お心肥し(おしんこやし)」。知るだけではなく、実践する。

・いきな人は、江戸しぐさの出来る人。

・「時泥棒しない」、「肩書きを気にしない(三脱の教え)」、「目の前の人を仏の化身と思う」、「遊び心(しゃれっ気)」。

・「約束を守る(口約→公約)」、「見てわかることは言わない(禁煙って書いてあるのに、タバコ吸えますか?)」、「結界覚え(結界とはプロとの分かれ道。専門家に任すことができる)」、「人のしぐさを見て決めよ(いき⇔野暮)」、「尊異論」。

・「ねぎらいしぐさ」、「おなごりしぐさ」、「あとひきしぐさ」、「さしのべしぐさ」。

・「三つ心,六つしつけ,九つ言葉,十二文,十五理で末決まる」。江戸商人の子育て。

・「目つき、表情、ものの言い方、身のこなし」:江戸しぐさのエッセンス。

・朝飯前(あいさつをする)、傍楽(はたらく、午後からボランティアをして、これを大事にしていた)、明日備(あそび:明日に備えるから)。

 和の心が見直されているから、江戸しぐさというのも、豊かな生活をするヒントになると思います。

6月3日に宇部市渡辺翁記念会館で中村文昭さんの講演会がありました。演題は「出会いこそ宝である 人のご縁ででっかく生きろ」。

 今回の講演で響いたのは、「目の前の人を喜ばせる。それを連続して続けることが、結果として成長になる」ということです。

 その話の中で聞いたこと。気がついたことをメモで残しておこうと思います。

(自分用のメモ)
・主催者の「ぶち楽うべ」さんの「何の為」は、ぶち楽山口での講演をみて、宇部でも文昭さんの講演をしたかった。
水元 光代さん)
・「共助」の精神(おかんのおせっかいから)
・おかんがお世話をすること。お前が将来人のお世話になるから、他の人のお世話をしている。
・出会いの導き。素直。出会いの意味。23歳だったときの自分のモノサシで計られない人と出会う。
・新幹線の名刺ファイル、小銭、ものさし、グリーン車(小銭はだめ、音がしない)
・夢が叶った瞬間に怖くなる(プロ野球の選手になれても、活躍できるのは一部だけ。そんなすごい世界に入る怖さ)
・しもやんのすなおの法則(すごいですねえ。なるほどねえ。面白いですねえ)。しゃべりきった後、人はよく話を聞いてくれる。
・点の出会いを線にし面にする。
・新幹線で降りた東京駅の消印の葉書→相手の予想を上回る。
・であったプロ野球選手との再会で食事。「君なら大丈夫」→聞くことが出来る。
・出会いというのは0回を1回にするのは、「やればできる」。1回を2回にするのが難しい。(グリーン車に乗るのは、明日からでもできるが、葉書をだして2にする)。0→1→2。
・「出会ったらいい人がいるよ」ということで、EXSELに出会った。EXSELのメンバーが変装して、講演会に来ていた。
・「別に」、「ほっといて」、「どうせ俺なんて」。高校生が口にする言葉。
・「何のために」がある人とない人は「日々」が違う。
・疲れている大人は、生きるために働く人(ライスワーク)
・子供たちには輝いている大人に会いに行け。憧れ、こんな大人になりたい。目標になる(ライトワーク)。
・人の脳で考える。僕の悩み。あの人ならどう考える。
・「何をやっている」のではなく、「何のために」やっているのか。
・やりたいことのベクトルが人を喜ばせることに向いていることが大事。
・悩みの大半は他人との比較である。だから、「あなたはその人に勝つことが目的なのか」と問う。
・お金の出口が大事。「何のために」、「人を喜ばせるために」。
・「人持ち人生」と「金持ち人生」
・生き様が死に様にでる。(会社の偉いさんが、辞めて数年した葬儀のさびしいこと)
・田端さんのお父さん。俺は国に借金がある。
・「何のために」が自分の前にある座標軸になる。
・「そのうちやろう」は「馬鹿野郎」。「明日やろう」は「大馬鹿野郎」。
・「でも」を「こそ」に変える。お金がないからこそ、○○しよう。田舎だからこそ○○しよう。
・大人に目標を聞く。目標は2分で語り終えるが、「でも」という出来ない理由は20分語る。でもでも星人。出来ない理由はいくらでもある(お金、年齢、家族・・・)
・最低10人に目標を聞いてみろ。できない理由はみんな同じことがわかる。他人の「でも」に気がつくと、自分の「でも」に気がつく。
・「頼まれ事は、試され事」。お前に出来ないことは頼まれない。予想を超えろ。
・「人を喜ばれること」が仕事。それが本質。それがなけれは、仕事でなく「作業」。
・困った人を喜ばせる。喜んだ人しかつながらない。
・鍛えるべきは人間力。1192(イイクニ)つくろう鎌倉幕府ではなく、頼朝の人間力を学べ。
・吉田松陰の辞世の句。「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」。このときの想いが、刑場の外にいた維新の志士(高杉晋作、久坂玄瑞など)に伝わって、明治維新の原動力になったのではないか?
・日本人はお金という条件よりも想いを大事にしてきた。この人に会いたいという人間力。目の前にいる人を喜ばせることの連続。人を喜ばせることにベクトルをあわせる。
・福島原発で福島の女子中高生を流れるメール。
・食べ物がなくなると、生きていけない。農業は大事。
・わけあって、わかちあって、日本人は和の心で豊であった。これが戦後変わった。、戻さねばならない。
・杉や檜などの針葉樹が森をダメにしている。(農業の問題につながる)
・大人の「あー、疲れた」という言葉を子供の前で使ってはダメ。こんな大人になりたくないと思う。
・人間はスーパープラス思考。生後11ヶ月のころ、あきらめずに二足歩行をしたでしょう。
・絶対にできる。できなくでも、ネタにする。
・マリちゃんと女の子の夜這いの話。
・どんな人にも必ず、役割・意味がある。マリちゃんの話。生まれてこなくてもよかった人間は一人もいない。
・心配する中にも笑い。ユーモアが大事。
・おかげさま、感謝することが成長につながる。
・「やり方」ではなく、「あり方」が大事。

このページのトップヘ