何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

カテゴリ : IT


 SNSの使い分けを書こうと思います。

ホームページ・・・辞めました。

ブログ・・・はじめは、上のホームページのコンテンツでした。何度か会社をかわりましたが、今にいたります(当時は「日記」という名称が一般的)。

掲示板・・・辞めました。

mixi・・・やっています。

twitter・・・やっています。

facebookやっています。

 さて、facebookは実名でしていますが、その他は匿名です。ある程度、連携をさせています。

 mixiのボイス(ニックネーム)→twitter⇔ブログ→facebookのような感じになっています。

 この連携度合いは、微妙にチューンしています。また、友人の関係性が変わってくれば、変化もするでしょう。

 今日、facebookで友達を探すをクリックしたら、アドレス帳の何人か(その中に嫁もいた)に友達のリクエストが行きました。「シャア」されていたのですね。

 「シェア」は怖いと思いました。

 SNSに関する本ですフェイスブック、mixi、グリー、ツイッターなどに触れています。

 グーグルとかの利用がWeb1.0。ヤフーのポータルは雑誌の移植。Web2.0は双方向といわれますが、匿名なのか実名なのか、ソーシャルというのが現実なのか仮想なのかで分類できるようです。

 たとえは、今までのコマーシャルが大勢の人間というマスにうったえるものに対し、SNSは人づてに伝わる部分が違うと。mixiなどはリアルの人間関係をソーシャルグラフと定義しているし、フェイスブックは実名性。ツイッターはリアルタイムとそれぞれ属性が違う。

面白いと思ったこと。
・雑誌などの移植がヤフー。ネットだからできることと考えたのがWeb2.0。今のSNSというのは、もともとあった人間関係、コミュニケーションに注目したもの。
・エバーノートの件。人間はどれだけ記憶できるだろう。10万年前から記憶力はほとんど変わっていない。外部脳を活用すれば、自分の脳をスマートに使える。「覚えておかねば!」ということは、ストレスである。GPSによりカーナビでストレスなく目的地に着くように。


ソーシャル・ネット経済圏

ソーシャル・ネット経済圏
クチコミを見る


 今日、iPodTouchとiTunesを同期させたら、同期ができず・・・。iTunesから「iPod同期ができません 必要なファイルがみつかりません」とメッセージがでて、ストップ。

 画面の進行を見ていると写真の同期の辺で、動きが止まっている。いろいろ試しましたが、iTunesの「写真の共有元」というところのチェックボックスを一旦外して、同期させ。次にチェックをして、同期させることで解決しました。

 しかし、写真のデータの同期には1時間以上かかりました。
クリップボード01

デジタル手帳術 手帳はiPhoneに変えなさいデジタル手帳術 手帳はiPhoneに変えなさい
著者:戸田覚
アスキー・メディアワークス(2010-11-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
 この本では、従来の紙の手帳に比べて、iPhoneなどとクラウドを連携させたデジタル手帳の有利さを説明している。特に手帳のスケジュールやTODOはデジタル手帳と比べると有利であると。また、EVERNOTEなのデジタルメモの連携なども説明している。
 デジタル手帳はiPhoneに限らなくても良いが、クラウドと連携して、同期しているところがミソである。これにより、紛失や故障のリスクを低減させることができるとのこと。
 本書の推奨アプリはスケジュール管理が「Reflls」でgoogleカレンダーと連携。
 TODOはは「ToDo Appigo」でToodledoと同期させることがポイントである。
 デジタルメモは「Evernote」でクラウドと連携。
 長期の目標管理には別システムのToDoで「Remember The Milk」の無料版で24時間に1回同期のシステムで試してみたら、どうかという提案。

 私の環境はスケジューラーのみが「はちカレ」で、あとは「ToDo Appigo」、「Evernote」を使っている。残念ながら会社のパソコンは自分でカスタマイズすることを禁止しているし、クラウド系のホームページへのアクセスが、googleカレンダーを含めて出来ないので、iPhoneで入力、バックアップがクラウドという環境になる。

 長期の目標管理で別のアプリを入れるという「Remember The Milk」というのは、面白い試みなので、試してみたい。

このページのトップヘ