何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

カテゴリ : 雑記


 この前の日曜日、大相撲秋場所の千秋楽で、横綱 白鵬を破り、全勝優勝をきめた大関 日馬富士。相撲中継などは、普段観ないのだけど、たまたまチャンネルがNHKになっており、決勝戦、表彰式を見ました。その時、違和感みたいなものを感じたので、書いておこうと思います。

 まずは、白鵬も日馬富士もモンゴル出身であったこと。これは日本人力士に強いのがいないのか、絶対数が少ないのか。これは、まあ仕方がない。

 次に表彰式。日馬富士が「君が代」を歌ったこと。モンゴル人の力士が勝ったなら、モンゴルの国歌を歌うのは、わかるが、「君が代は 千代に八千代に・・・」と歌うのは・・・。「君」の解釈はいろいろあると思うが、素直に読めば、天皇陛下である。次に「下賜杯」。菊花紋があったので、天皇陛下から与えられたものだろう。
 もう一つは、神事としての「相撲」。四股は邪気を祓うものであるし、土俵の下には神への供物が埋められているという。

 相撲と神道、神道と天皇陛下は不可分であり、君が代は、千代に八千代に、天皇陛下の治める世の中が続くことを記念する歌である。

 やはり日本人力士が頑張って、綱とりになることがまず第一。後は、スポーツとしても「SUMOU」と神事としての「相撲」を分離することかな。

 しかし、永谷園などは懸賞金でNHKでコマーシャルを流しているからすごいね。


  「原発危機 官邸からの証言(福山哲郎)」を読みました。当時、福山官房副長官であった福山氏が、官邸内部からみた福島原発事故、東日本大震災のようすを書いた本である。
各事故調の報告書があるなか、官邸の当事者からのレポートというのは、意味がある。

 本で書かれている内容で、官邸になかなか正しい情報が集まらずに、限られた情報のなかで政策が決定されていたこと。東電に対策本部を移した辺りの話も、なるほどなと思う。
もちろん、だから官邸に免罪符があるわけではない。

 こういうレポートは各当事者が自己弁護だけではない形で、福島から見た真実、原子力発電所から見た真実、東電本店から見た真実と、どんどん出てくればよいと思う。

 東日本大震災、福島原発事故という事実は一つであっても、被災者の真実、立地地域の真実はそれぞれ違う。

  そんな真実と事実の受け止め、というのがメリットもデメリットも共有する日本の国家の行く末を決めて行くと思のだが。


 美輪明宏さんの作った「ヨイトマケの唄」がある。先日、美輪明宏さんのコンサートで聞かせてもらったが、確かに迫力のある歌声であった。

 今は桑田佳祐もカバーしているし、他の歌手も歌っている。しかし、「ヨイトマケ」、「土方」が差別用語として、放送禁止になった時代もあったようである(1983年に「要注意歌謡曲(放送禁止歌)」制度は廃止されたとのことであるが、実際に放送されだしたのは2000年前後のようである。

 ヨイトマケの子供という視点で、歌われているこの曲。ヨイトマケの子供と蔑まれたけれども、母ちゃんの働く姿を見てがんばった。母ちゃんの働く姿をみて、踏ん張った。そして、時代が流れ、機械の世の中になった。(ヨイトマケは機械に置き換わった)。そんな世の中だけど、俺はエンジニアになった。この姿を母ちゃんに見てもらいたい。思い出すけど、やっぱり母ちゃんの唄が世界一!

 こんなストーリーの歌ですが、美輪明宏さんが言われるには、実話だそうです。同じ学校の女の子がいじめられっ子で、美輪さんが助けたりしていたそうです。いじめによる自殺がクローズアップされていましたので、コンサートでそんな話をされました。

 エンジニアといえば、私も20年以上、電気・電子の分野で仕事をしております。工業高校に行きましたので、15歳から電気・電子の勉強をしていますので、あと数年すれば30年間、この分野にいることになります。

 私は弱電(電子)系のエンジニアをしていますので、最初のころはアナログ(昔のテレビやラジオみたいな)機器でしたが、すぐデジタル(CDのように0・1で動く)に置き換わりました。そしてデジタルの機械も最新型に更新をされていくのです。

 この分野のエンジニアは管理部門に転勤をして、10年現場を離れると、取り戻すのが大変です。昔は、戻ってきて「浦島太郎で、新しい機械はわからないので、よろしくお願いします」が転勤の挨拶でしたが、今は「タイムマシンにのって未来に来たようです。さっぱりわからないので、何とかしてください」という状態です。

 しかし、この分野のエンジニアを20年以上もやっていると、つぶしがきかないという状態になります。他の技術分野では、自分を活かすのが難しいです。

 おまけに僕もエンジニアですわ。


 今日(7月14日)、山口市民会館で山口市民文化大学の講座がありました。今回は、筑前琵琶奏者の上原まりさんを講師に招き「平家物語の光と影」という演題でした。上原まりさんは筑前琵琶師範の娘として生まれ、学生時代には琵琶の全国コンクールで3位入賞。その後、宝塚に入り、ベルサイユのバラのマリー・アントアネット役などをされ、宝塚引退後は、筑前琵琶の奏者として活躍されているとのことでした。ご自身曰く、平清盛の大ファンだそうです。

 私は琵琶という楽器を生で演奏しているのを始めてみました。木製で見えない中が空洞になっているようで、四弦の楽器です。もともと琵琶は、大月氏国(イラン・ペルシャ)で生まれた楽器で、その名残で「三日月」の印が、どの琵琶にもあるとのことです(トルコの国旗?)。琵琶には「楽琵琶」、「盲僧琵琶」というのがあるそうで、楽琵琶は今でも宮中で使われるそうです。下は、楽琵琶の参考動画。


 盲僧琵琶は僧がお経を読み上げるときに、バックで演奏されるとのことです。

 この楽琵琶と盲僧琵琶の良いとこ取りをしたのが「平家琵琶」ということで、平家琵琶は平家物語を語るときに弾かれるそうです。

 平家物語は始めは琵琶で語られ、それから書物になったとのことです。現代の琵琶は、薩摩琵琶、薩摩琵琶を小ぶりにした筑前琵琶があるとのことです。

 平家物語については、現時という勝者の目からみた話ということを聞きました。ですから、平家を悪者にしている部分があるというのは、納得できる話です。

 また、琵琶は女性を象徴しているようです。琴は男性を象徴しているとのことです。ですから、琴は女性が弾き、琵琶は男性が弾くことが多いと言われていました。

 「見るべき程の事をば見つ。(今はただ自害せん)」と平知盛のセリフをいわれました。壇ノ浦の決戦で源氏方に攻められ、海に沈む前に「見届けるものは、すべて見た」というのは、物語としては綺麗ですね。

 平家の話をすると「諸行無常」の無常観が残って淋しいのでということで、最後に「まほろば」を演奏されました。奈良の遷都でオーケストラと一緒に演奏されたそうです。

 楽器といえば、ギターとかキーボードとかありますが、日本に昔からある琴、三味線、尺八、そして今回の琵琶。そんな伝統の楽器があるのだなあと再認識をしました。


 昨日(7月13日)、山口市民会館で平原綾香さんのコンサートがありました。前から8列目で、表情まで見える席でした。

 平原綾香さんと言えば「ジュピター」で、私はそれ以外は知らない人でした。周りの人も同じような感じでしょうか。そして、年配の方も多かったです。

 ジュピターしか知らなかった平原綾香さんですが、音楽のジャンルの広さに驚きました。ジャズに近いような歌もあり、しっとりもあり、ロック調もあり・・・。

 自分の知らない音楽に出会うのも、いいですね。


【星つむぎの歌】 This work is in tribute to "HAYABUSA"

このページのトップヘ