「原発危機 官邸からの証言(福山哲郎)」を読みました。当時、福山官房副長官であった福山氏が、官邸内部からみた福島原発事故、東日本大震災のようすを書いた本である。
各事故調の報告書があるなか、官邸の当事者からのレポートというのは、意味がある。

 本で書かれている内容で、官邸になかなか正しい情報が集まらずに、限られた情報のなかで政策が決定されていたこと。東電に対策本部を移した辺りの話も、なるほどなと思う。
もちろん、だから官邸に免罪符があるわけではない。

 こういうレポートは各当事者が自己弁護だけではない形で、福島から見た真実、原子力発電所から見た真実、東電本店から見た真実と、どんどん出てくればよいと思う。

 東日本大震災、福島原発事故という事実は一つであっても、被災者の真実、立地地域の真実はそれぞれ違う。

  そんな真実と事実の受け止め、というのがメリットもデメリットも共有する日本の国家の行く末を決めて行くと思のだが。