今日は山口県知事選挙の投票日でした。私は期日前投票を済ましていたので、本日は映画のハシゴをしてきました。

 まず、10:30 山口県教育会館で西京シネクラブの「アメージング・グレース」という映画を観ました。イギリスの映画のようで、時代は1800年頃。奴隷貿易で儲けていた自分の国に対し、平等という立場から奴隷制度に反対する青年の話。奴隷貿易禁止の話が順調に進んでいったときに、フランス革命がおき、一旦、旧体制に戻る。失意のため、青年は心身を病んでしまう。しかし、愛に恵まれ、国の情勢が安定した時代に奴隷貿易禁止の法案を通す。

 「志を高く持って、正しい道を進めば、必ず前方は拓けてくる」。そんな話でした。奴隷というのが、自国の利益に大きな影響を及ぼし、奴隷が当たり前と思っている時代に、同じ人間なんだという視点、自国が不利益になっても、残酷な仕打ちを続けたくないという主人公の想いには、心を打たれるものがありました。

 13:30からは山口芸術文化センターで「明かりを灯す人」という映画を見ました。明かりを灯す人というのは、電気工事の人で、流れから考えるに、村にはたった一人の電気工事士です。ストリーリーの最初の部分では、電気の払えない人の家の電気の配線を変更し、メーターを回さないようにしたり・・・。電気代はすごく高く、彼の夢は谷に大きな風車をつけて、村の電気をまかなうと・・・。
 そんな村の国が、革命で政権が変わり、他の国から人が入ってきて、土地を買い占めたりしようとする。電気屋さんはそんな話の中に流れて行き、最後は・・・。

 「明かりを灯す人」は芸術的な作品だったので、ストーリー的には難しいですが、古い文化に新しいもの(悪いもの)が入ってきた時の反抗というか、交じることを拒否する強さを感じました。受け入れるだけではダメで、自分の国・国柄・価値観・共同体は守っていかないといけないと思いました。

 最後に山口県知事選挙について。山本繁太郎さん(63)が当選確実と報道されたようです。今回の選挙は、原子力発電の選択選挙になる要素がありましたが、凍結・反対・あたりまえなど、選択肢にはなりにくかったです。また、選挙期間中に岩国にオスプレイの搬入があるなど・・・。岩国基地問題も話をややっこしくさせました。保守の地盤の強い山口県らしく自民党・公明党の推薦する候補の当確となったわけです。

 今回の選挙は、確かに原子力に賛成か反対かという色付けをするのであれば、明確な反対は飯田さん、三輪さん。山本さんは凍結、高邑さんは争点にせず。山本さんも凍結といったものの、告示のときだけ。岩国基地強化の問題は、高邑さん以外は受け入れずという姿勢でした。しかし、基地問題は途中でオスプレイが搬入されたので、これはよくわからなかった。

 山本さんを選択したというのは、二井知事後継指名や行政経験から言えば妥当な選択といえるのではないでしょうか。原子力をシングルイシューとした人は飯田さんに投票をしたであろうし、三輪さんの立候補は唐突すぎたし、高邑さんの立候補は民主党衆議院議員を辞職して立候補という意気込みと38歳の若さは評価できるが・・・。民主党は離党した高邑さんを支援できず、山本さんも衆議院議員で民主党の対立候補だった経緯で支持できず、連合も自主投票と・・・。

 注目べきは飯田さんの得票率です。いろいろな問題があるので、原子力の是非を問うことはできませんが、県民の心は少し見えてくるはずです。現に原子力発電所がある都道府県の首長選挙となれば、山口県以上にエネルギー問題が注目されると思います。「私は再稼動には絶対同意しません」という候補が出てきて、シングルイシューの選挙となれば、山口県どころの騒ぎではないと思うからです。都道府県知事の被選挙権に居住地の制限はありません。飯田さんは山口県出身ということで、ゆかりがありましたが、坂本龍一さんが立候補しようと思えばできたし、芸能人でもできるのです。●●県のためという良識と、国民投票ができない状態での意思表示の場としての都道府県知事選挙は、今まで以上の混戦になるのではないでしょうか。

 日本のため、山口県のためと思い、私も投票行動をしました。