今日は会社の技術・技能の認定試験の面接試験があった。面接試験は2次試験で、1次試験の筆記試験は通過したのだ。うちの職場の受験者は3名。科目は違うが3名とも筆記試験を突破し、面接試験へと駒を進めた。

 ちなみにこの試験は、合格をすれば、認定証と作業着にワッペン、ヘルメットのシール、名刺の肩書きが増える。しかし、直接的な昇給とか一時金はない(もちろん、間接的に人事査定に影響はあると思うが・・・)

 この種の試験というのは、外見的には「みんなのレベルをアップしましょうね!」というものであるが、受験をしている側は「負けるものか!」という気にさせるものである。

 「人生は自分の評価で決まる」と口で言いながら、こういう試験制度では人に勝ちたくなる。出世もそう・・・。人間って、こういう制度には弱いですね。

 しかし、「あるがまま」と思って面接をしたので、会社のお偉いさんの前でも、緊張はしませんでした。

 あとは、人が決めること。会社における自分の評価は人が決めること。自分の人生の評価は自分が決めること。今が最高!