何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

2011年05月

 テレビでAKB48が出てくるコマーシャルを見ていて感じたことがある。なんて整った人形のような清楚な女の子なのだろうと。確かにかわいいけど、生身の人間としてのかわいさではなく、本当にツルンとした人形のようなかわいさで、抱きしめたいよりも、飾っておきたいという感じである。

 この手の大人数の女の子ユニットの原点は、秋元康プロデュースの1985年の「おニャンコクラブ」であろう。普通にいる女の子のかわいい子レベルという点があり、身近なアイドルというイメージでブレークした。

 次が1997年の「モーニング娘。」であろう。ツンク♂がプロデュースした。これの画期的なシステムは、メンバーが新陳代謝していくというシステムであろう。現在も活動中である。

 そして、秋元康が2005年に再びプロデュースした「AKB48」だ。どうもメンバーの数は100人以上らしく、テレビで活躍、舞台で活躍するグループがあるらしい。私などは、もはや名前と顔が一致しないし、街ですれ違っても「かわいい子」だなあとしか思わないだろう。

 おニャンコクラブやモーニング娘。までは、憧れの彼女とかいうモデルだと思った。AKB48は少し違うのではないかと思った。流れはこうだ!

 憧れの女の子→フィギア化→AKB48

 AKB48の女の子に求められるのは、生身の女の子ではなく、あくまでも清楚で汚れをしらないフィギアでないかという仮説である。

 こういう仮説に至った原因は、私自身がAKB48の女の子のお父さんの年代になりつつあり、雄の目で彼女たちを見れないことも原因なのかもしれない。

 先日、山口大学の市民講座で、日本型雇用と経済の発展について話を聞きました。どこかの大学教授の話でしたが、日本型の雇用では、国際的な競争力が確保できないというような話でした。

 現状を整理すると、日本の雇用環境は正規雇用と非正規雇用からなっていると。正規雇用は正社員で、新卒で入社して、通常は定年退職まで勤められる。また、年功で給料が決まってくる。企業側も正当な理由がないとなかなか解雇できない安定的な状態であると。

 これに対して、非正規雇用はパートやアルバイト、最近では派遣というものが該当してくる。給料は正社員と比較して低く、企業の経営が悪化すれば、調整弁に使われると。

 こういう現状に対して、「同一労働同一賃金」にして、非正規雇用を正規雇用化していこうという動きである。そもそも、正規雇用と非正規雇用と分けることが現実的ではないだろうということである。

 パートは、正社員の夫を持つ妻が働くことを想定している。アルバイトは一時的に働く学生を想定してきた。派遣については、もともとは高度な技術を持つものを派遣するとしてきたが、製造業に派遣労働者を認めることで位置づけが変わってきた。フリーターとよばれる、正社員にならない人も出てきた。また、結婚をしない人や晩婚化、少子化・高齢化も進んできた。また、産業の構造も変わってきた。

 ナレッジワーカーなる人間も出てきた。1,000円/時間でモノを作る人もいれば、100,000円/時間の価値を生む人が出てきた。

 そんな話で、私が思うこと。日本型の終身雇用的なセーフティーネットを会社が持つか、公的な機関で持つかは別にしても、あっても良いだろう。それにより社会が安定するのであれば、必要なコストであろう。

 今後の日本を考えると、働き方の多様性を認めるべきだろう。それは会社員という形態をとらないかもしれない。セーフティーネットで最低限は補償されるが、がんばった人は報われる。日本国から人材が流出しない仕組みを作らなければならない。

 難しいのは産業構造の変化、少子高齢化、社会保障だろう。あとは外国人労働者を受け入れるかどうかだ。また、日本という国が右肩上がりで成長する時代は終わり、低成長、あるいは平行線でも良しである認識だろう。

 3.11の東日本大震災で明治維新、敗戦に続く第三の変換点を迎えた。ここで再びフェニックスのように経済が復活するのか、それとも電力不足で低成長になるのか。この辺りからも雇用環境は大きく変わる。

 正社員である私にとっては、旧態然とした日本型終身雇用の方がありがたいが、社会保障を含めて、楽観できる状態ではない。

 今日、山口市民文化大学の第3回講演がありました。講師は舞の海 秀平氏です。

 講演に先立ってコミュニティー・タイムというものが毎回あり、今日はマリンバの演奏を聞かせてもらいました。木琴のような楽器ですが、なんでこんな音色がするのだろうと不思議な印象を持ちました。演奏されたのは、山口県を中心に活動される「Par Coeru(パー・クール)」というグループです。

 さて、私はあまり相撲には興味がありませんから、舞の海といっても、顔と名前が一致しない状態でした。しかし、最近の八百長の問題などには興味がありました。

 今回の話の中でも八百長のことを話されました。携帯のメールは読めるけど、心の中は読めない。目と目で通じ合うものがあると。

 また、相撲という大変に厳しい世界にあって、それをユーモアたっぷりに語ることができるというのは、すごいと思いました。

 相撲というのが、スポーツであり、伝統芸能であり、伝統文化であり、神事である。いろいろな側面があることも、お相撲さんの口から聞いて、腑に落ちるものがありました。

 やはり一流と呼ばれる人は、すごいなあと感じました。

 田原総一郎の「緊急提言! デジタル教育は日本を滅ぼす」という本を読みました。デジタル的な教育、具体的にはiPad一つで教科書がたくさん入る。マルチメディアになる、そんな話なのかと思いましたが、実際には戦後から今日に至るまでの学校教育全体のことが書かれています。

 教育というのは、結局は教師と生徒のコミュニケーションである。学科を教えることだけが、教育ではない。単なるデジタル化であれば、教育の場というのは不要になるが、人間関係、地域との関係、社会との関係を学ぶには、学校教育というものが大事であるということを思いました。

 しかし、教育の中にデジタル機器が入ってくるのは、テクノロジーの進歩からいって、仕方がないでしょう。また、そういうICTの使い方を教えるのも教育になるでしょう。

 「人間らしく」とか「教養」とか「道徳」、「公(おおや)」というのがキーワードだと思いました。


緊急提言! デジタル教育は日本を滅ぼす

緊急提言! デジタル教育は日本を滅ぼす
クチコミを見る

 一昨年から参加しているこどもステーション山口(http://www.geocities.jp/kodomo_station_y/)の鑑賞会で、神田香織さん(ツイッター@kandakaori、ホームページ:http://www.ppn.co.jp/kannda/main.html)の講談を聞いてきました。

 タイトルは「フラガール物語 ~常磐炭鉱余聞~」というものです。昭和40年エネルギーが石炭から石油にシフトしていく中で、石炭の町が常磐ハワイアンセンターで町の生き残りをかける。その中で時代の流れに逆らうように炭鉱にこだわる人、フラダンスに新しい道を見つける人。そんなことを講談で語られました。実際には映画「フラガール」の流れに基づいて話されているようでした。(私は映画を見ていないので、そのあたりは評価できないのです)

 映画とは違う、読み聞かせとは違う、落語とも違う、講談ならではのリズム感というのを感じました。「講談師、見てきたような嘘をつき」というのが実体験としてわかりました。大げさな表現で、テンポの良いリズムで語る言葉は、イメージを膨らませます。

 今回はこどもステーション山口の高学年コースの鑑賞会で、我が家は低学年コースなので、1300円/人の乗り入れ券を購入しての観賞でした。舞台の内容は、十分に大人の鑑賞に堪えるものでした。やや、小学校5年生には内容が難しかったかもしれませんが、「講談とは、こういうものだ」というのを体験させてあげたのはよかったと思います。

 最後に不思議な縁を感じたことについて。今回の神田香織さんが山口に来られることも、演目がフラガールであることも、ずいぶんと前に決まった話でした。
 それが3.11に東日本大震災があり、福島原発の事故がありました。神田香織さん自身が福島県いわき市の出身であり、フラガールも福島県いわき市の話です。そして、フラガールはエネルギーが石炭から石油にシフトしていくときの話です。
 今、福島県は地震に津波に原子力災害に風評被害に、四重苦にあっています。そしてエネルギー政策は、もしかしたら、石炭→石油→原子力→脱原子力という歴史の切替ポイントにあるのかも知れません。石炭関係の従事者が歴史の流れに翻弄されたように、原子力従事者も新しい歴史の流れに飲み込まれるかも知れません。これは、よしきにつけ、あしきにつけ、時代の流れです。
 もうひとつ、被災した福島が立ち上がる姿がフラガールとダブって見える部分があるのです。実際にフラガールは全国巡業をされるそうですが。

 本当であれば、講談が終わった後のアフタートークにも出席したかったのですが、子供の宿題が残っていたので、講談の後に帰りました。

 こどもステーションで、狂言、音楽、演劇、いろいろと体験をしました。子供だけでなく、大人にも文化的な刺激となりました。普段、機械の設計とか工事とかをしていると、こういう仕事以外の刺激というのは、脳の回路を正常化するのに大変役に立ちます。

hura2

このページのトップヘ