何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居


 今日(7月8日)、山口県セミナーパークにて、北海道大学客員教授、旭川市立旭山動物園前園長の小菅正夫(こすげ・まさお)先生の話を聞く機会がありました。

 旭山動物園は「行動展示」ということで、有名になっており、東京の上野動物園よりも入場者数が多いこともあったということですが、それに至るまでは、いろいろな道のりがあり、その動物園改革とも言えるようなお話でした。その内容は動物園だけでなく、私たち企業人も参考になる点が多くありました。

①まず、問題点として、当時の飼育員は動物に対して向かっていたたが、「お客さま」という単語すら意識していなかった。
②全員が危機感を共有することが大事
③全員ができることをする→組織改革にスターはいらない。

 動物がお客さまにお尻を向けていたそうです。飼育員が檻の後ろ側からお世話をしたりするので、動物の意識がお客さま側ではなく、檻の後ろの飼育員側を向いていたそうです。
 ですから、飼育員がお客さまが側の方から歩いていき、世話をするようにしたそうです。動物は、3日で前を向くようになったそうです。

 また、そのときに飼育員にお客さまへ「ワンポイント」解説をするようにお願いしたそうです。飼育員の反発は大きかったようです。何しろ、「人と話をしたくなくて、動物の世話をする仕事を選んだ」という人が多かったからです。しかし、結果的には、お客さまに解説をしたり、紙芝居を作って、みんなができる方法でお客さまへ接したそうです。

 その飼育員の中に寡黙な人がいたそうです。その人のできることは・・・。尾長ざるの飼育舎で、ロープを張って、それにえさを結びつけたそうです。尾長ざるは知恵を使って、ロープをわたり、シッポでぶらさがっらり、しながら、えさを食べたそうです。フラミンゴの前でお客さまが2~3秒しか滞在しないのに対し、この尾長ざるのところでは、40分くらいお客さまが滞在したそうです。

 これが行動展示のきっかけです。尾長ざるの生態というのが、すべてこの展示の中で出ているそうです。アシカのショーと違うのは、これはこの動物の「生きる(食べる・繁殖する)」という自然の行動だからです。”芸”とは違うのです。

 また、旭川の冬はとても寒く、冬は動物園は営業していなかったらしいです。しかし、雪の白の上に広がる青空は美しく、そこに立つキリンはとても立派だったそうで、交渉の結果、冬の動物園ができるようになったそうです。冬に雪の上を散歩するペンギン、雪をまとったホッキョクグマ。冬だからこその動物園がそこにはありました。
 お客さまは山口県とか九州とか暖かい国の外国人が多かったそうです。北海道の人は寒いのが嫌いなので、あまり冬の動物園には来なかったそうです(笑)。
 これなんかは「でも、冬には動物園はできませんよー」を「冬だからこそ、できる動物園がある」という「でも」を「こそ」に変えた良い例だと思いました。

 旭山動物園は20万人以下の入場者数が、300万人まで増えたそうです。これは一時は閉園まで追い込まれていた状況から、「あきらめず、今できることをする」の継続だなあと思いました。

 「止まない雨はない」、「春の来ない冬はない」と言う言葉を紹介されていたのは、本当に辛い時代を乗り切ったご自身の体験からでしょう。

 今は「国立動物園の設立」に向けた夢を実現しようとしているとのことです。

 ユーモアのある話し方であり、余裕を感じる講演でした。パワーポイントや動画も効果的に使われており、話し方からも学ぶことの多い人でした。


 今日は会社の技術・技能の認定試験の面接試験があった。面接試験は2次試験で、1次試験の筆記試験は通過したのだ。うちの職場の受験者は3名。科目は違うが3名とも筆記試験を突破し、面接試験へと駒を進めた。

 ちなみにこの試験は、合格をすれば、認定証と作業着にワッペン、ヘルメットのシール、名刺の肩書きが増える。しかし、直接的な昇給とか一時金はない(もちろん、間接的に人事査定に影響はあると思うが・・・)

 この種の試験というのは、外見的には「みんなのレベルをアップしましょうね!」というものであるが、受験をしている側は「負けるものか!」という気にさせるものである。

 「人生は自分の評価で決まる」と口で言いながら、こういう試験制度では人に勝ちたくなる。出世もそう・・・。人間って、こういう制度には弱いですね。

 しかし、「あるがまま」と思って面接をしたので、会社のお偉いさんの前でも、緊張はしませんでした。

 あとは、人が決めること。会社における自分の評価は人が決めること。自分の人生の評価は自分が決めること。今が最高!


 日々の生活というのは、実際問題そんなに変化がありません。波乱万丈の人生というのも、なかなかめぐり合えませんし、それが幸せなのかわかりません。

 中村文昭さんの講演会CDを聞いているとこんな話があります。

 月曜日から金曜日まで会社に行き、土曜日・日曜日を休む。そんなことを繰り返していると、あっというまに1週間、1ヶ月が過ぎ去ります。

 しかし、日々を繰り返すというイメージから、日々を積み重ねるというイメージに変えるだけで、どうでしょうか?昨日の自分よりも今日の自分の方が、経験を積んでいるから成長をしているし、明日もきっとそうでしょう。

 それを1年、2年積み重ねて、それから振り返ると、どうでしょうか?すごく成長しているのでは、ないでしょうか?

 「繰り返しの人生」から「積み重ねの人生」へ・・・。イメージができれば、一歩踏み出せるのではないでしょうか?

このページのトップヘ