何の為に 人生の座標軸

 普段感じたことを雑記にしたり、読んだ本のレビューをしようと思います。関心のある分野はコンピュータから宗教まで! 山口県山口市在住(出身:同県下関市)  1969年生まれ  IT部署に勤める会社員  子育て真っ最中!猫2匹同居

正義

自分たちに都合の良いこと
それを正義という

自分たちに不利なことは
目を背ける

独善的であったり、まわりから理解されなくても
こちらが正しい 理解されていないと繰り返す

国民目線って、なんだろう?


 この前の日曜日、大相撲秋場所の千秋楽で、横綱 白鵬を破り、全勝優勝をきめた大関 日馬富士。相撲中継などは、普段観ないのだけど、たまたまチャンネルがNHKになっており、決勝戦、表彰式を見ました。その時、違和感みたいなものを感じたので、書いておこうと思います。

 まずは、白鵬も日馬富士もモンゴル出身であったこと。これは日本人力士に強いのがいないのか、絶対数が少ないのか。これは、まあ仕方がない。

 次に表彰式。日馬富士が「君が代」を歌ったこと。モンゴル人の力士が勝ったなら、モンゴルの国歌を歌うのは、わかるが、「君が代は 千代に八千代に・・・」と歌うのは・・・。「君」の解釈はいろいろあると思うが、素直に読めば、天皇陛下である。次に「下賜杯」。菊花紋があったので、天皇陛下から与えられたものだろう。
 もう一つは、神事としての「相撲」。四股は邪気を祓うものであるし、土俵の下には神への供物が埋められているという。

 相撲と神道、神道と天皇陛下は不可分であり、君が代は、千代に八千代に、天皇陛下の治める世の中が続くことを記念する歌である。

 やはり日本人力士が頑張って、綱とりになることがまず第一。後は、スポーツとしても「SUMOU」と神事としての「相撲」を分離することかな。

 しかし、永谷園などは懸賞金でNHKでコマーシャルを流しているからすごいね。


  「原発危機 官邸からの証言(福山哲郎)」を読みました。当時、福山官房副長官であった福山氏が、官邸内部からみた福島原発事故、東日本大震災のようすを書いた本である。
各事故調の報告書があるなか、官邸の当事者からのレポートというのは、意味がある。

 本で書かれている内容で、官邸になかなか正しい情報が集まらずに、限られた情報のなかで政策が決定されていたこと。東電に対策本部を移した辺りの話も、なるほどなと思う。
もちろん、だから官邸に免罪符があるわけではない。

 こういうレポートは各当事者が自己弁護だけではない形で、福島から見た真実、原子力発電所から見た真実、東電本店から見た真実と、どんどん出てくればよいと思う。

 東日本大震災、福島原発事故という事実は一つであっても、被災者の真実、立地地域の真実はそれぞれ違う。

  そんな真実と事実の受け止め、というのがメリットもデメリットも共有する日本の国家の行く末を決めて行くと思のだが。

このページのトップヘ